■人気ブログランキング ポチッと応援して下さい! 人気ブログランキング

サラリーマン時代にはいくつかの会社で

事業責任者をやらせていただきました。

どんな事業にも暗黙のルールや

制約条件がつきものです。

そうした制約条件を突破すると

劇的に業績が上向くことがよくありました。
pcm-201
大家業で独立したとき、

自分自身を制約するものを

取り払って活動しようと思いました。


大家業の制約条件とは・・・?

「自宅から近くないといけない」

「RCかS造でないといけない」

「需要の旺盛な大都市でないといけない」

「空室は少ないほうがいい」

「ファミリー物件でないといけない」





みたいな・・・。

でも専業大家になるのですから、

そうした制約条件を無視しようと思ったのです。

そうしたら今まで見えなかったものが

見えてきた感じ。


いまの私は、

「小都市でもいい」

「単身物件でもいい」

「空室だらけでもいい」

「自宅から遠くてもいい」

「木造でもいい」

と、間口を広く構えています。

そうしたら超高利回り物件に出会える

ようになりました。

みなさんも無意識のうちに検索条件という

形の「縛り」を設けていませんか?

その縛りの外に出るとおもしろいかも。


専業大家として独立することは

私自身を制約していたサラリーマン業から

自分を解放することだったのかもしれませんね。

 ■人気ブログランキング ポチッと応援して下さい! 人気ブログランキング