応援が励みになります。
お役に立てたらクリックをお願いします!    
人気ブログランキング

おはようございます。ぺんたです。
先日ラジオ番組を聴いていたら、地元の教育大学内で突撃インタビューをやっていました。

キャンパス内で学生をつかまえて、「仕送りいくらもらってます??」と仕送り状況を調査するという企画でしたが、驚いたことに3万から5万程度しかもらってない人が多く、 2割ぐらいの子は仕送りゼロだそうです!ビックリしました。

私は1985年から89年まで関西の大学に在籍していましたが、家庭が貧乏だったので仕送りゼロ・学費も自腹という過酷な学生生活を送っていました。しかし私以外にはそんなヤツは皆無。いま思うと日本全体がものすごく裕福だった時代なのでしょうね。

バブル期でしたから同級生はふんだんな仕送りを受けていましたし、クルマも買ってもらっていましたね。人気のあった美人同級生は赤のアウディ100に乗っていましたし、一番モテていた男性はホンダのCRXというスポーツカーを買ってもらっていました。いまどきの学生さんとは雲泥の差です。

■写真■ バブル期に女性がよく乗っていたアウディ100

 Audi_100_C3,_BJ_1987


■写真■ ホンダのライトウェイトスポーツ CR-X。いつか乗るぞ!と気合いを入れていました。

Honda_1st_CR-X_IN_MOTEGI
 
いまどきの学生のことが気になって少し調べてみると朝日新聞にこんな記事が載っていました。朝日新聞は嫌いですが、さすがにこの程度の記事では捏造はしないでしょう(笑)

 首都圏の私大下宿生、1日生活費が初めて900円割る

この記事で印象的だったのは学生の生活費の下がりっぷり。バブル期の3分の1にまで落ち込んでいます。それだけ我々親世代の収入が減少しているということなのでしょうね。

■写真■ 朝日新聞より抜粋・・・

学生の生活費

学生向け物件を手がけていらっしゃるメガ大家さんによると、今時の大学生はアルバイト最優先の生活を送っているので、大学付近ではなくバイト先の近くに住むそうです。
このグラフを見ているとアルバイト最優先にせざるを得ない背景がモロに浮かんできます。

うちは高校3年になる長男に、「どこに行って何をやってもいい」「きちんと仕送りはする」と伝えています。それも不動産経営がうまくいっているからですね。学生の頃のひもじくてギラギラしていた自分を思い出すと隔世の感があります。

「不動産経営をやってて本当によかったな~」としみじみ思うとともに、「学生しかいないエリアにはうかつに進出できないな・・・」と思いました。


応援が励みになります。
お役に立てたらクリックをお願いします!    
人気ブログランキング