応援が励みになります。
お役に立てたらクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「専業大家ぺんた」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:専業大家ぺんた

===============================

おはようございます。ぺんたです。
地方の物件は公共下水に接続されておらず、浄化槽が設置されていることが多いんですね。私の持っている物件の中にも2つほどあります。

■写真■ 浄化槽って埋まっているので見たことはないですが、こんな形状のようです。
images (3)


購入してから浄化槽のメンテナンス業者と契約することになるのですが、二種類の自治体があるようです。
①メンテナンス業者がたくさんあり、自由競争な自治体
②メンテナンス業者が数社しかなく、料金を自治体が統一しているところ

①の場合は業者も玉石混淆で料金もまちまちですから、一般的な業者選定と同じように運ばないといけません。
問題は②の場合。自治体が数社に寡占を認めているので料金が高止まりしているケースが多いようです。山口県のアパートでは年間契約を締結したうえで12回の分割払い、月間およそ1万円です。三重県のマンションはおよそ2倍の規模ですが、年間コストはおよそ半額です。

山口県の業者と商談したときこんなやりとりがありました。

業者:「××市はこういう業務をやっている会社が数社あるのですが、行政からの指導で料金体系はすべて一緒になっています~。」

私 :「・・・仕方ないですね。ちゃんとやってくれたら替えたりしませんよ。」

業者:「なかなか申し上げにくいのですが・・・、不都合がありましたら契約を打ち切られても仕方ありませんが同業他社はそのお客様には手を出せないことになっています。業者間の取り決めなんですね~」

私 :「そういうのって談合というのではないんですか?」

業者:「・・・・・・・」

思わず突っ込んでしまいました。もっと会話をオブラートにつつむ訓練をしなければ・・・・。

■写真■ またしても談合!
71f8da5e
地方は業者が「紳士協定」などと称して談合しているケースが多いのですが、行政施策が一因になっているこのようなエリアも多いのではないでしょうか?

自由競争エリアの物件しか持っておられない方はコスト感と業者対応にご注意されたほうがいいと思います。いいかげんな業者だと思ってバッサリ切り捨てたら、他の業者が相手にしてくれない・・・というかっこ悪い事態に陥る可能性がありますよ。

応援が励みになります。
お役に立てたらクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「専業大家ぺんた」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:専業大家ぺんた