応援が励みになります。
お役に立てたらクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「大家ぺん太」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:大家ぺん太 

===============================
おはようございます。ぺんたです。

いろんな工事を自分でやっている私ですが、温水洗浄便座の取り付けが最も簡単で、最もコスト削減効果が高い工事だと思います。

私がよく使っているネット通販会社で工事を頼むと9200円だそうです。
でもタイトルの通り、慣れれば15分で簡単に取り付け可能なのでオススメです。

■写真■ 東芝のSCS-T160。Amazonで14000円程度で購入しています。ノズルの自動洗浄機能や脱臭機能までついている商品の中では最も安い機種だと思います。
DSC_1231

■写真■ 最初に既存の便座・フタを外します。
DSC_1232

■写真■ 便座は2箇所で便器にとめられていますが、下からのぞき込むとこんなナットがあります。これを手で回して外します。(固ければこれをはずすプラスティック工具が同梱されているのでそれを使います)
DSC_1233

■写真■ 便座を外すとこんな感じ
DSC_1234

■写真■ 2つの穴にSCS-T160のベースプレートを取り付けます。
DSC_1235

■写真■ ベースプレートに本体をスライドインしてガチャンとドッキング完了。本体の設置はこれで完了。
DSC_1236

■写真■ 次に配管ですが、最初に水を止めます。この部分の小さな突起が蛇口のレバーにあたる箇所なのでマイナスドライバーで回せば水の供給が止まります。
DSC_1237

■写真■ 「蛇口」とタンクを結んでいるL字型の配管を外します。モンキーレンチで簡単に外せます。内部の水が出てくるのでゾウキンを下に敷いておいたほうが良いでしょう。
DSC_1238

■写真■ モンキーレンチはこんな工具です
モンキーレンチ

■写真■ 同梱されている2分岐の金具を取り付けます。
DSC_1240

■写真■ 分岐金具の一方に付属のゴムホースを取り付けます
DSC_1241

■写真■ もう一方にも別のゴムホース。こちらは温水洗浄便座に接続しています
DSC_1242

■写真■ コンセントにつなぎ、水道を開くと工事完了です
DSC_1243
 
使う工具はモンキーレンチとマイナスドライバーだけです。
付属のゴムパッキンを忘れなければ水漏れの心配はありません。

たったこの程度の作業です。

私みたいに自分でやる必要はありませんが、別工事を発注した業者さんに「ついでに付けてよ~」と頼んでも負担にならないレベルの工事です。

あるいは学生アルバイトに10部屋分まとめて取り付けさせて日当1万円・・・みたいなことも充分可能です。

  応援が励みになります。
お役に立てたらクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「大家ぺん太」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:大家ぺん太 

===============================