応援が励みになります。
お役に立てたらクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「大家ぺん太」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:大家ぺん太 

===============================
おはようございます。ぺんたです。

今日は皆さんにお詫びです。私の勘違いを記事として拡散してしまいましたので、今日は朝日新聞バリの訂正記事です。(朝日新聞と違って素直に謝罪します・・・w)
87629a2d3bdfb945645b6f8d66aaaf71


先日軽量鉄骨のつもりで買った山口のアパートが重量鉄骨だったという記事を書きました。

 ◎リンク 『軽量鉄骨のつもりが重量鉄骨??』 

■写真■ 明らかに重量鉄骨の構造でした
DSC_1314
DSC_1261
DSC_1259

前の記事では、「登記簿に『鉄骨造』と書かれている場合は重量鉄骨の場合と軽量鉄骨の両方の場合がある」という情報が大前提になっていました。で、「低層物件で重量鉄骨もないだろうからたぶん軽量鉄骨だろうと思って買った物件に分厚い重量鉄骨が見つかった~」と喜んでいました。

実は昨日、地元の市役所に行って相談したんですね。
「屋根裏を覗いたら立派な重量鉄骨なんですけど、役所でも重量鉄骨として課税されてますか?」と。
そしたらあっさりと、「ああ、この物件は重量鉄骨として台帳に記載されてますよ~」と言われました。

「登記簿に『鉄骨造』と書かれている場合は、必ずしも重量鉄骨ではないんでしょ??」と質問したところ、
「いえ軽量鉄骨造の場合は『軽量鉄骨造』と明示されています。重量鉄骨の場合だけ『鉄骨造』と書かれます」と完全否定されちゃいました。

役所を出てクルマに向かうまでの間、「あ~あ、明日のブログは訂正記事だ~☂」と落ち込みました(苦笑)

でもね、けっこうしつこい性格なので懇意にしている司法書士に電話して、
「登記簿上『鉄骨造』って書いてある場合には軽量鉄骨と重量鉄骨が混在しているって何かの記事で読んだことがあるんだけど・・・実際はどうなんですか?地域差?それとも昔はそういう表記だったの?」と聞きました。

司法書士もわからなかったので、調べて折り返ししてもらいました・・・。すると・・・。

「ぺんたさん、わかりましたよ~!!」
「『鉄骨造』とだけ書いていて『重量』か『軽量』か判別できないのは建築確認ですよ~!」
ということでした。
私は建築確認を読む際の注意事項を、登記簿のことと錯誤していたわけです・・・・。

ということでここまで私の言い訳にお付き合い頂いて恐縮ですが、登記簿上の「鉄骨造」=「重量鉄骨造」と覚えて下さい。

ああ、恥ずかしい・・・w

応援が励みになります。
お役に立てたらクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「大家ぺん太」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:大家ぺん太 

===============================