応援が励みになります。
最初にぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「大家ぺん太」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:大家ぺん太 

===============================
おはようございます。ぺんたです。

とかく日本のマスコミは日本の先行きを悲観する報道ばかり。書籍にもその手の悲観本が数多く出されています。若い頃はそういった本を読んで随分心配したものですが、日本はいっこうに崩壊しません。(笑)

 ◎リンク  過去記事 「日本崩壊??またまた~w」
               「 万が一日本が崩壊したら大家さんは・・・!?」 

大家業を営んでいると日本の行く末が気になります。人口が減るのは仕方ないとしても国が破綻したりしたら借金を抱えている者がエラいことになってしまいます。

悲観論の多くは日本政府が借金をしすぎて破綻するとか、日本国債が暴落してハイパーインフレがやってくるとかいうものです。今回はそれに関連したエピソードをひとつご紹介しますね・・・。私の友人の身に起こった不幸な話ですが、少なくとも国債の暴落なんかないというのが伺い知れます。

hyperinflation-thumbnail2


その友人は大学時代の友人です。国内の証券会社を振り出しに転職を重ね、外資系の金融機関を渡り歩いて来ました。日本国債のトレーディングを専門にしていて、年収はたぶん2億近かったのではないでしょうか?

彼の仕事は政府から売り出される日本国債を様々な機関投資家に販売すること。けっこう信頼を得ていて成績も良かったようです。

ところが昨年、久しぶりに彼から連絡があり、「クビになったからコンサルで独立したんや~」と言います。びっくりして理由を聞くと、「売り物があらへんから商売にならへんのやゎ~」とのこと。聞いた話を要約するとおおまかに以下のようなことでした。

・日本国債は国内の機関投資家から人気の高い商品である
・アベノミクスの一環で日本銀行が国債の大量買取りを始めたので、市中に出る量が極端に減った
・機関投資家は欲しがっているが売り物が足りないから買えない
・売り物が足りないから取り次ぎ役の自分が不要になりリストラされた・・・

ということだそうです。外資系金融機関とはドライなもんですね~。
ちなみに上司に呼び出されて「クビ!」と言われたら、自席に戻ることは許されないそうです。顧客情報を持ち出したり、不正な取引発注をしたりするのを防止するためだそうですが、日本企業では考えられないですね・・・。

それはさておき・・・

国債の新規発行が多すぎて買い手が少ない状態になると、少しでも買い手を増やそうと市場メカニズムが働きますから国債の価格が下がります。買い手が誰も現れないと国債暴落&ハイパーインフレに陥ります。

ところが「買い手は多いけどモノがない」状態なのですから暴落などあり得るはずがありません・・・。難しいマクロ経済論はわかりませんが、少なくとも国債が暴落してハイパーインフレになることはなさそうだと容易に理解できます。

ちなみに、
「日本国債の格付けってどんどん下がっているけど、機関投資家は何でそんなに買いたがるの??」と質問してみました。すると・・・

「格付け会社なんてええかげんなもんやで~。」と一刀両断されました(笑)

応援が励みになります。
ぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「大家ぺん太」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:大家ぺん太 

===============================