応援が励みになります。
最初にぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「大家ぺん太」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:大家ぺん太 

===============================
おはようございます。ぺんたです。

いま私の事業は個人所有物件と法人所有物件が混在していて、経営管理的にすごく中途半端な形です。法人は嫁と税理士が付いてキッチリやってくれているので良いのですが、個人のほうは未だに私の勘でやりくりしています(笑)

小規模法人と社長個人は金銭的に渾然一体となっているので、法人に対して個人の金をどんどんつぎ込みますし、法人から個人へは経費の立て替え精算分とか出張日当が還流します。だんだん全容がわからなくなって来ましたので私より緻密な嫁に帳票を作ってもらうことにしました。個人と法人を「連結」したキャッシュマネジメントのための帳票です。

通帳上で、1日から月末までの間に入金された賃料(法人+個人)を連結の売り上げと見なします。

経費の相当する部分は、口座から外部に資金が流出したものだけを連結の経費と見なすことにしました。そうしておけば個人が法人に貸した資金は経費でないということになりますし、法人が個人に支払った給与も(連結では)経費にはなりません。ちょうどグループ内の取引を相殺するイメージです。

キャッシュマネジメント
そして連結売り上げから連結の経費を引いてやると連結キャッシュフローが把握できるというわけです。

連結キャッシュフローがマイナスになっている場合は連結経費の中身を見てあげて、「個人の支出が多すぎた」とか「法人の一時支出が多かった」などと分析すれば良いのですごくわかりやすい帳票になりました。

とはいえこの帳票を作成するのはずいぶん工数がかかると思うので、個人所有の物件を早く法人に移してあげないといけないな~と改めて思いました。

応援が励みになります。
ぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「大家ぺん太」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:大家ぺん太 

===============================