応援が励みになります。
最初にぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「大家ぺん太」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:大家ぺん太 

===============================

おはようございます。ぺんたです。

だんだん規模も拡大してきてお付き合いする業者さんも増えて来ました。 
いろんな業者さんに相談してきましたが、そういう中からお付き合いする先をどうやって選んで来たんだろう?と考えてみました。

スキルが十分であることは大前提なのですが、それ以外にはたぶん以下の3点だと思います。

choice

①ちゃんと向き合ってくれる人

いま常駐している街でアパートの管理委託先を探していたときのこと。
この街で一番大きな管理会社の社長さんにアポを取って相談に出かけました。
会社に伺うと社長さんが出迎えてくれて、ご挨拶のあと「さあこれから社長と商談だ・・・」 と意気込んでいたら、「後は彼女と相談してください」と女性社員にフォワードされてしまったことがあります。

彼女に何の恨みもないのですが、新卒2年目だそうで経営の話は全くわかりません。

私としては相手の社長の人柄も大きな判断材料なので、ここにはお願いしませんでした。ちゃんと向き合ってくれる人でないとパートナーにはちょっと・・・ですよね。

②知ったかぶりをしない人

士業の方に多いのかもしれませんが、自分のよく知らないことを「知らないので調べます」と言えない人が多いように思います。

いま顧問をしてもらっている税理士の方は正直なところ不動産賃貸業については詳しくないのですが、私が課題を出すたびに一生懸命調べて回答してくれます。しったかぶりする人よりもよっぽどいいように思います。
専門家を自認する人の専門分野というのは我々が思うよりもずっと狭いようです。

③スピードが速い人

お風呂のリフォームを複数の業者さんに相見積もりをお願いしているのですが、うち2社は依頼内容が気にくわなかったのかどうかわかりませんが一向に見積もりが出て来ません。

3社目の方が打てば響くような迅速な対応をしてくれたので即決でそこにお願いしました。

いままで銀行やコンサルさんに仕事の依頼をしても、一定の確率で音信不通になってしまいます。どんな大企業でも有名なコンサルさんでも長期間連絡がなかったら「やる気なし」と判断します。

皆さんはどんな視点で選定していますか?

応援が励みになります。
ぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「大家ぺん太」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:大家ぺん太 

===============================