応援が励みになります。
最初にぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「大家ぺん太」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:大家ぺん太 

==============================
おはようございます。ぺんたです。

おばあちゃんが残した遺書の日付が8月31日。発見されたのが9月6日ですから、おそらく1週間近く倒れていたと思われます。

3通の遺書には障害に加え所持金を遣い果たして絶望している様子が書かれていました。また一刻も早く自分の亡骸を発見して処分して欲しいという言葉もありました。切ないですね。

◎関連リンク 自殺未遂・・・(前編)

しかしリストカットなどの外傷も、睡眠薬などの薬物摂取もなかったようです。 推定ですが、遺書を書き終えたあと自ら身を横たえ、生命維持活動を一切しないという方法で『消極的な自殺』を図ったのだと思われます。

1週間も同じ姿勢で横たわっているうちに身体の下側がうっ血したのと、まだまだ暑いですから脱水状態にもなっていますが、病院で治療を受け回復に向かっているようです。

切ないのは、病院に入って看護士さんと話すのが楽しいらしく積極的に会話しているようです。一人暮らしがよほど寂しかったのでしょうね。

私も一人暮らしの母を持っていますので他人事ではありません。出来るだけマメに顔を出してあげようと思いました。

地元の民生委員の方は市内の一部が担当エリアだそうなのですが、今年は既に3軒の孤独死を経験しているそうです。今回は間一髪で発見されて、奇跡的だとビックリされていたとか。

たしか必殺さんのセミナーだったでしょうか。
「福祉を利用されている高齢者は人との関わりがあるので手のかかる入居者ではない」というようなことをおっしゃっていました。

たしかに今回の入居者は障害者福祉も介護福祉も一切利用していなかったから苦境に陥ったとも思われます。高齢者の方をお迎えする際は、福祉利用の有無に着目して入居審査してみようと思いました。

最後に本音を少しだけ。
この方が助かって本当に良かったという思いと同時に、事故物件にならずに良かったという思いがごちゃ混ぜになっています。

応援が励みになります。
ぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

「大家ぺん太」名でフェイスブックを始めました。お手数ですが友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:大家ぺん太 

==============================