応援が励みになります。
最初にぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。今日は概念的なお話であまり面白くないかもしれませんがお付き合い下さい。

サラリーマン時代に身につけたやり方なのですが、何かを決断をするときには具体的な方法論を先に考えるようにしています。

仮に方法が分からない部分があっても探します。良い方法が見つかればゴーサイン。見つからなければ取りやめ。またそれらの方法は自分が実行出来ることに限ります。

こういう枠組みで考えていくと、割と悩まずに決断出来ます。

実行できる方法を先に確保するわけですから、私自身の競争力(あるいはコアコンピタンス)の源は、「企画力」ではなく「実行力」だと思っています。

例えば、スポーツエンターテインメント業界でファンクラブ事業の責任者をやっていた頃。 業務フローのムダなコストを削減し、それを原資にファンサービスを強化したことがあります。

大手介護事業者で働いていたときも、入居者募集に通信販売のやり方を応用したことがあります。

domohorun_img

どちらも大きな成果を得られたのですが、最初に実行可能な計画を練ってから決断しました。決断後は自分の出来る範囲内のことばかりですからそんなに苦労せずに実行できます。

大家業でも全く同じです。投資をかける前に具体的なプランを練って実行に移します。

やり方がわからない部分があれば投資本を読むなり知っている人に聞く・・・などのアクションを「実行」します。購入後に困ったことが発生しても、対策を「具体的に」考えて実行します。

さいきん初心者の方からちょこちょこご相談を受けるのですが、割とみなさん「どうすれば良い物件が買えるか」というところまでしか考えておられず、でも「なんとなく怖い」と情緒的な反応をされていることが多いです。

・自分に取って良い物件とはどんな物件か?
・そういう物件と出会えるのはどこか?
・取得後どんな経営をするのか?
・どの管理会社に委託するのか?
・募集条件はどうするのか?
・リフォーム工事はどれぐらいの費用でどこまでやるのか?
・競争環境はどうか?

などをとにかく具体的に把握してから決断・実行すればそんなに苦労はしないと思いますよ。

応援が励みになります。
ぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================