応援が励みになります。
最初にぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

今回購入したアパートは諸費用とリフォーム費用まで全て融資していただきました。うちリフォーム費用分の1050万は「通知預金」という聞き慣れない扱いになっています。

DSC_1683
 
「通知預金」というキーワードで調べてみると、以下のような感じです。(Wikipediaより)

====
・おおむね1週間から1ヶ月未満の期間の預け入れに適した預金。
・通常、7日間の据置期間が定められ、それ以降の希望日の2日前までに予告(通知)して払い戻す。
・銀行間短期資金市場等における運用に対応し、おおむね普通預金と1ヶ月定期預金との中間の金利が付される。
====

なんだかよく分かりませんが、普通預金よりも高い金利をつける代わりに、事前申告しないと払い出しが出来ない預金のようです。

「リフォーム資金は通知預金に入れさせていただきます」

と担当さんから言われてよく聞いてみると

「払い出しする際には事前に私どもにご連絡下さい。以前ご提出いただいた見積書と照らし合わせますので」

ということでした。

融資を受ける前にいろんな業者さんから見積書をいただき、リフォーム費用の総額をはじき出したのですがその資料通りに支出するかをチェックされるようです。おそらく他の用途:例えば旅行や自家用車購入などに資金を流用する経営者がいるからでしょうね(笑)

「後から相見積もりで安い業者さんを採用したり、支出項目そのものがなくなった場合はどうなるのですか?」

と質問すると

「経緯をきちんとご説明いただければある程度柔軟に対応します。最終的に資金が余った場合はお返しいただくことになります」

とのことでした。

通知預金とは、設備投資プロジェクトの支出管理につかうツールとして利用されているようですね・・・(^_^;
 
応援が励みになります。
ぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================