応援が励みになります。
最初にぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

世の中の流れからずいぶん遅れて、ようやく太陽光発電所の一基目を仕込んでいます。

先輩大家さんからのオススメで、地元に格安の土地を仕入れ、格安の業者さんに施工してもらうことになりました。先輩大家さんの手助けなしではここまで進めて来れませんでした。この場を借りて厚く御礼申し上げますm(__)m

山間の一角にこういう土地があり・・・
DSC_1708

その一角を300坪ほど買うことになりました。でも面積の割にはすごく安くて、坪単価で3000円ちょっとです。都会では考えられませんよね~(^-^*) 

銀座鳩居堂前の土地を20センチ四方買うのとだいたい同じくらいの価格です(笑)

002699048-1_m

先輩大家さんから聞いた受け売りですが、太陽光バブルがはじけて、急速に需要が減退しているのでパネルの単価も工事価格も急落しているそうです。

そのため、全量買い取り価格がたとえ24円であっても、初年度13%近い利回りが出る計画です。

来年以降買い取り価格が順次下がっていっても、それと同じ程度に工事価格が下がっていくと思われますので、以前よりも利回りは出しやすい環境になっていくのかもしれません。

これに対して、地元のしんきんさんに2%未満で20年のフルローンを付けて頂いて事業化することになりました。ありがたいことですm(__)m

===

私の場合は、将来に備えた節税対策として太陽光に取り組んでいます。

太陽光の設備費用を50%まで一括償却できる制度が今年度で終わると聞いています。(年末の自民党税調の動きに注目しています。どうか来年以降も継続してほしいです)

その制度が終わってしまう前、いまのうちに合法的に赤字を積み増しておくことが、将来の当社の発展に寄与するものと思っています。

というのも、現在所有している物件は一定期間経過したのち、まだ耐用年数残があるうちに売却しようと思っています。

そうすると多額の売却益が生じるはずですので、それを打ち消すような赤字をいまのうちにこさえておく→法人の赤字は7年?だか繰り越すことが出来ますので、今のうちに赤字を出しておくと将来の売却益を打ち消す「消しゴム」になるというわけです。

キャッシュフローは維持しながら、税務上の赤字をせっせと作る・・・矛盾しているようで、ある程度合理性のある行動ですよね。

応援が励みになります。
ぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================