応援が励みになります。
最初にぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

金融庁の森長官が、

「従来型の銀行経営がより低収益化してくる中で、これといって強みのない銀行に残された時間は少なくなってきている。金融庁として将来を見据えた対応を行っていくつもりだ」

と発言したことは前回記事でご紹介しました。

思い当たるのはメインバンク担当さんの発言の数々です。彼は、

「金利収入が取れませんので・・・」
「銀行も収益を上げないと生き残れませんので・・・」


といつも口癖のように言っていて、いろんなものを勧めて来ます。いわば銀行の副業みたいなものですね。思い出す限り列挙してみます。

fukugyou

①損害保険

私の物件は高校の同級生にぜんぶ任せているのですが、それを知りながら、「次回物件ではぜひご提案させて下さい!」

②生命保険

売却益への課税を繰り延べする方法について雑談していると、「当行でも全損保険はお取り扱い出来ますのでぜひ!」。同じ支店の元同僚が独立して保険の外交員になっていていろいろご提案頂いているのですが、「彼と競争します!(笑)」

③オペレーティングリース

やはり節税方法のくだりで、「オペレーティングリースの商品ラインナップも取りそろえていますから必要な折にはご相談下さい!」
※オペレーティングリースについては後日記事を書く予定です。

④プロパンガス

「新しいアパートのガス屋さんを変更されるのならば、懇意にしている業者をご紹介させて下さい!」
業者名を聞いたら私がお断りしたダメな業者さんでした(笑)

⑤消火器

「アパートの消火器ってどうされてます?」
おお、こういうところまで!感動しました。

⑥自動販売機

「自販機は全く設置されていないようですので、業者さんご紹介させていただきましょうか?」とおっしゃるので、ご提案は受けることにしました。

===

他にもあったような気がしますが、実に幅広い!

背景を聞いて見ると、行内に取引先同士をマッチングさせるための情報システムがあって、xx支店の取引先が顧客を探すキャンペーンをやっている・・・みたいな情報が流れるようになっているそうです。

銀行がお客さんを紹介して成約に至ったら一定のバックマージンが入るケースが多く、それで収益を補完しようとしているとのこと・・・。

私は出来るだけ協力してあげるように心がけていますが、いまどきの銀行員というのは実に過酷な商売ですね。

金融庁の指導は、

「横並びで金利競争だけせずに、ユニークなビジネスを作って本業で食っていけ!」

と銀行経営陣に突きつけているのかもしれません。(そういう意味ではあっぱれなスルガ銀行さんです!)

応援が励みになります。
ぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================