応援が励みになります。
最初にぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

先日加圧ポンプが壊れた記事を書きましたが、「電気的機械的事故特約」についてご存じない方が案外おられましたので、どんな感じで使っているのかをご紹介しますね。

「電気的機械的事故特約」とは建物の設備に、「電気的」または「機械的」な事故(故障)が起こったときに損害をカバーしてくれる特約です。火災保険に付帯します。

◎関連リンク 水が出ない・・・・!?

この夏、私の物件ではエアコンが3台壊れました。1台は台風の落雷の影響を受けたと思われるものですが、残る2台は単に故障です。

これが単純に壊れたエアコンの写真です↓↓
DSC_1719_R

DSC_1720_R

平成3年製のエアコンで、リモコンはいまどき見ない有線式です(笑)いかにも経年劣化っぽいでしょw

ところが友人の保険代理店に電話して、

「エアコンが壊れたんだけど、保険請求出来る?猛暑のせいで壊れたんだと思うんだけど・・・」

「うん、写真撮ってメールで送ってくれる?」

「わかった。急ぎなんでもう交換しちゃうからね」

「いいよ・・・」


後日保険請求の書類にハンコを押したのが唯一の手続きでした。

書類提出から数週間たって損保ジャパンから送金通知が来ました。

エアコン交換費用全額に加え、臨時費用として約30%の加算がついています。あれれ、儲かっちゃった・・・(^_^;

===

とはいえ「電気的機械的事故特約」は保険会社によって、あるいは代理店によって、ずいぶん運用が異なるようです。

私が書いたようなケースでは、「経年劣化なのでお支払い出来ません」と言われたりする場合が多いと聞きます。

損保ジャパンのHPには
自然の消耗、劣化等による損害に対しては保険金をお支払いできません。」

と書いてありますが、

「電気的事故とは電気機器または装置に生じた炭化または溶融が生じることをいい、具体的にはショート、アーク、スパーク過電流等による事故をいいます。」

とも書いてあります。

つまり古い電気設備でも、故障原因によっては保険の対象になるわけです。良い代理店さんはここらへんのツボを心得て請求しているのでしょうね。

友人の保険代理店によると、

「何年か前に大規模な払い渋りが社会問題になってから、請求すれば問題なく出るようになったよ・・・」

ということですので、しっかりした代理店を選べばこれほど頼りになる特約はありません・・・。

加入されていない方にはオススメです!

※ちなみにガス給湯器の故障もこの特約でカバー出来るそうです。

応援が励みになります。
ぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================