応援が励みになります。
最初にぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

遠方の物件があと一つだけ残っているのですが、2月末か3月上旬決済で売れそうです。

(これが売れたら広域展開からドミナント戦略への転換が完了ですね!)

この物件はすごく高い価格から徐々に下げて行ったのですが、ある価格に下げたら買い手からの反響が一気に多くなりました。

すると面白いもので、お客さんからの反響と共に業者さんからの『いけない』反響も増えました(笑)

uploaded

この物件の客付けで営業回りした業者さんから直接私の携帯に電話が入るようになったのです・・・。

電話のパターンは2つです。

①「当社に専任媒介を変えて頂けませんか?」パターン(笑)

典型的なのが地元最大手さんのケースです。以前物件を案内してもらった元美人営業さんから電話が入りました。

「こんにちは~、XXXB棟をご案内させていただいたXX不動産のXXです~!ご無沙汰しております~」

(伏せ字が宇能鴻一郎風になっているのはご容赦下さい(^_^))

「あぁ、ご無沙汰しております!」

「あのぉ、ぺんたさんがご所有の物件っていま売りに出されていらっしゃいますよね・・・(^_^;」

「ええ、そうですけど・・・」

「たいへんぶしつけなのですが、いまご依頼されているXXX不動産様から当社に専任媒介を切り替えていただくことは出来ないでしょうか??」

「・・・ん??」

「ご存知かとは思いますが当社はこのエリアの仲介実績ナンバーワンでございまして、ぺんた様の物件も高値で売却させて頂きたいと存じまして・・・」

「あぁ、いまのところXXX不動産さんから切り替えようとは思っていないのですが・・・」

「ですよね~(^_^; 当社の代表から『専任を取って来い!』と指示されてしまいまして、すいませんね~。やむなくお電話させていただきました・・・・」

たぶん社長が、『これは売れる!!』と踏んだから部下に指示を出したのでしょうね。トンビが油揚げを持って行こうったってそれは・・・・

news_header_DSC_0872

ダメ~っ(爆)

===

②「専任仲介さん飛ばせないっすか?」パターン(苦笑)

「XXしたときのXX不動産ですが、覚えていらっしゃいますかね?」

「はい、よく覚えていますよ!その節はお世話になりました~!!」

事務の女の子がかわいいので覚えていました(笑)

「あ~、ありがとうございます!他でもありませんが、いまぺんたさんが売りに出している物件を買いたいという方が当社のお客様にいらっしゃいまして・・・」

「あぁ、そうなんですね」

「そうなんですよ~!で、ご相談なんですけど~、専任を依頼されているXXX不動産を飛ばして、当社で直接お取引頂けないかと思ってお電話した次第なんです~」

「・・・ん??どうしてですか??」

「このお客様はXX銀行から確実に融資が得られる方ですので・・・(^_^;」

(それって関係なくない??w)

「いちおう、業界の慣習からXXX不動産宛に買付を入れて頂きますか??私はいまのところXXX不動産を外そうとは思っておりませんので・・・」

「でしたか~(^_^;」

こちらのパターンは自社顧客が買いたがっているので両手狙いですね。でも確実に融資が出るというのはハッタリだと思います。

そんなオイシイ思いをしようたって、それは・・・・
ダウンロード (7)

ダメ~っ(爆)

売れそうな物件には、こういうカタチで横やりが入るのですね。世知辛い業界だぁ~・・・orz

応援が励みになります。
ぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================