応援が励みになります。
最初にぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

さて壁補修の続きです。

かべパテにヤスリがけしたところに、補修用のクロスを貼り付けます。
DSC_0255

補修用のクロスをちょうどよい塩梅で貼る工程は説明がけっこう難しいので、詳細は関連リンクからご確認下さい(笑)

◎関連リンク 壁紙の部分的な補修方法

クロス補修がうまくいくとこんな感じになります。古いクロスに補修用クロスがピッタリはまっていますね。
DSC_0259

DSC_0261

汚いクロスをどうするんだ!というツッコミが聞こえてきそうですが、ここから補修用クロスもろとも塗装していきます。

塗装前はこんな感じだったのが・・・
DSC_0262

塗装をするとこんな感じに変貌します。
DSC_0266

補修箇所はほとんど見えませんよね。まだこれで一回塗りなので、二回塗りすると更に分からなくなります。

こちらのアングルも、塗装前はこんな感じでしたが・・・
DSC_0264

補修用クロスも一緒にぬったら、補修箇所がまったく分からなくなりました!
DSC_0268

もとの汚いクロスと補修用クロスは模様が違いますので、ガン見すると補修してあることが分かりますが、初めて来た内見者にはおそらくバレません(笑)

ボード補修+クロス補修+クロス塗装、なかなかクオリティ高いですよ~!(^_^)

最後に今回のコストは以下の通りです。

・下地用木材・・・フローリングの端材を活用して無料
・石膏ボード・・・天井材の端材を活用して無料
・補修用クロス・・・約1000円
・クロス塗料・・・・・半缶分・約5000円
・ボードネジ・・・・・300円
・かべパテ・・・・・・400円

7000円弱ですから、プロに頼む場合の10分の1以下ですね。

応援が励みになります。
ぜひクリックをお願いします!
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================