緑のボタンをポチッとお願いします!
↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

昨日は元自宅の売却決済が無事終わりました。ただし急なご不幸があり買主様がご不在:代理人による決済となってしまいました。こういうパターンは初めてです。
00000000000000209631_0000001464_2

DSC_0736

今回は買主様の義母様が急死してしまわれたとのことです。決済当日が告別式だそうで、決済に来られないのは当たり前です。

お義母様の年齢を伺うと「52歳だそうです・・・」とのこと。私と1つしか違いません。

「人生何があるかわからないなぁ。。。」

「いまのうちにやりたいことを目一杯やっておこう。。。」


と思いました。(既に目一杯やってますけどね(笑))

決済自体は滞りなく進み、着金確認の後解散しました。

===

このマンションが売却出来たことは私にとって格別の喜びです。

セミナーに来られた方にはお話ししたのですが、私はバブル期の92年に最初の自宅マンションを高値掴みしてしまい、バブル崩壊で価格が急落しました。文字通り半値八掛けです。

6年後の98年に、3200万の残債が残っている状態にもかかわらず1800万で損切り売却しました。実に1400万円もの残債割れです。

そんな多額の現金は当然持っていませんから、今回売却した横浜のマンションを新築購入し、更に1400万分上乗せしてずっと支払って来たのです。いわば超オーバーローンですね(苦笑)

※当時のあさひ銀行は「住み換えローン」という名称でこういう融資をしてくれました。

今回このマンションが売却出来たということは私に取って「不動産バブルの清算」がようやく完了した証なんですね・・・。

しかも少なからず売却益が出る形ですので言うことありません。

この売却益は例の利回り57%アパートに再投資したつもりで複利運用していきます。(実際には融資を利用させていただきますけどね・・・(^_^;)

緑のボタンをポチッとお願いします!
↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================