緑のボタンをポチッとお願いします!
↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

今年は嫁の加勢があって確定申告を早めに終えることができました。

(ありがとうね・・<(_ _)>)

申告を終えたらどっと疲れを感じて昨日は急遽ブログを休載させていただきました。大家業にとってはプレッシャーのかかる一大イベントですね。

===

一息ついたら金融機関さんへの報告です。嫁と手分けして近場のお取引先にはご持参し、遠方には郵送し、それでもすべての金融機関さんに申告翌日に報告完了しました。

預金者から集めた大事なお金を使わせてもらっているのでマメで迅速な報告は必須だと思っています。

私は太陽光の関係で打ち合わせがあった信金さんにはご持参して、直接説明させてもらいました。

担当さんはじっと決算書を見たあと一言、

「社長さん、これいい具合ですね~!」

自信はありましたけど、ほっと一息です。

ブログにはいつも個人情報をかなりあけすけに書いていますが、流石に実数は控えさせていただきます。

そのかわり売上高を100%としておおまかな費目を構成比で表現させていただきますね。決算の内容はだいたい図の通りになります・・・。


確定申告

最終的な申告所得は、一般の会社でいうと「営業利益」にあたります。これがおよそ28%。

支出の実態が無い費用=減価償却費と合わせると50%を超えるので

「社長さん、すごい高収益事業ですね~!」

という評価になりました。誉められると素直に嬉しいです・・・(^_^;

※減価償却費は実質的な利益と捉えて頂けます。


ただし、この「(50%を超える)実質的な利益」から元本をかなり多めに返済していますので、本当の手残りはそこまで多くありません。

計算してみたら元本返済は売上高の36%相当額でしたので、実質手取り額は売上高の約15%程度でした。キャッシュフロー利益率が15%程度ということですね~(^_^)

ちなみに減価償却費が22%で元本返済が36%ということは建物の毀損よりも早いスピードで残債を減らしているということです。

こういう構造にしておけばセミナーでお話しした「時価が常に残債を上回る」状態が実現しやすくなります。

(偉そうに書いていますが、先輩大家さんの丸パクリですw)

===

2月末には個人所有の最後の物件を売却しました。

個人事業で少しだけ残っている債務を整理すれば割と近い将来廃業できて、法人に完全移行できます。

「社長さん、来期は法人の黒字化が課題ですね!」

担当さんがニコニコしながらクギを刺しました(^_^; わかってますよ~、プレッシャーかけないで~w!

あ、利益が出たカタチになっていますが過去の累損と相殺しました。短期譲渡所得だけドッサリ持っていかれますけどね(苦笑)

緑のボタンをポチッとお願いします!
↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================