緑のボタンをポチッとお願いします!
↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

先日当社第一号の太陽光発電設備が稼働しました。施工会社の担当さんが立ち会い後にブレーカーをあげてくれました。感謝・感謝です!

IMG_20170305_103211

ちょうどその日の午前が顧問税理士の監査日だったので私は現場に伺えませんでした。

===

私は節税目的で太陽光発電所に投資したので、数ヶ月前から税理士に

「 50%償却できる制度を利用するので、準備をしておいて下さいね・・・」

などと前振りをしていたんです。 

ところがこの日・・・

「社長、いろいろ調べてみたんですが、50%償却はいまはもう出来ないみたいですよ~」

とノンビリした回答が返って来ました。おいおい・・・(^_^;

「いえいえ、50%償却は3月末までで終わってしまうということから駆け込み需要がある くらいですからまだ出来ますよ~」

と私。

彼が持参した生産性向上設備投資促進税制の資料を私が読みこんでいる最中にも

「すごく面倒くさそうだし、事前申請が必要みたいですよ・・・」

とやりたくなさげな発言も・・。

(その段取りをあなたにお願いしていたのに・・・(^_^;)

そこからあわてて施工会社の担当さんに電話して助けを求めたところ、共通の知人であり先輩大家さんの方が解決策をご存じだということで電話させてもらいました。

すると、

・同制度はA方式とB方式の、2つのやり方がある

・B方式はいろんな経営資料を提出する必要があって、いまからは間に合わない可能性が大きい

・(私の会社は9月決算なので)A方式なら間に合う


ということを教えてもらいました。

A方式というのは

・最新の設備であることの証明書をパネルメーカーなどから取得して

・法人の決算書に添付して税務署に提出するだけ


で良いそうなんです。

ただし決算期が3月末で連携も同時期だと、証明書を事前準備しておかないと申告に間に合わないことからどの法人でも使えるやり方では無いようです。

またB方式よりも償却金額が若干少なくなるのだとか・・・。

(ぜんぜん出来なくなるよりもいいや(^_^;)

と思い、A方式で進めることにしました。


こうして先輩大家さんのおかげでなんとか窮地は脱出出来ました。

しかし、

「プロの税理士だから調べながら手続きを進めてくれるだろう」

と思い込んでいた私の甘さが出てしまいました。税理士相手でももっと実務までツッコんでいかないといけませんでした。

大反省です。

(先輩大家さん、ありがとうございました<(_ _)>)

緑のボタンをポチッとお願いします!
↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================