緑のボタンをポチッとお願いします!
↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

先日購入した21.5%物件は外壁塗装費用までご融資いただいたのですが 銀行の内部規約で、本体決済の1ヶ月後までに塗装を完了する必要があります。

そこで前オーナーに許可をもらって決済前に見積りさせてもらい、アパート決済と同時に塗装工事の発注をしました。

===

発注の際、私の場合は色の塗り分け指示を紙に細かく書いて業者さんに渡しています。

■アパートの画像に細かく赤ペンで指示を書きます。
IMG_20170316_101627

一つのアパートで5~10枚ぐらい・・・今回は2棟なので15枚ぐらい書いて塗装業者さんにお渡ししました。

我々大家側は大まかに、「壁が黄色で、雨戸が白で」みたいなことを指定すれば良いと考えがちですが、塗装業者さんはより細かいディテールを求めるようです。

例えば

「壁の上を走っている配管は、壁と同色で塗るの?塗らないの?」

とか

「キッチン外の排気フードは塗るの塗らないの?」
1a1b24f3

あるいは

「アルミの手すりは剥げやすいけど塗るの?」

みたいな感じです。

こういう細かいところまで出来るだけ紙の上で指定するようにしています。

■色の指定は塗料の見本帳とカラーチャートを貸してもらい検討します。
IMG_20170316_101707

■色は、カラーチャートの色番号をドンズバで指定します。見本帳の色を使う時は塗料の品番を指定します。
IMG_20170316_102038

私は塗装に凝るほうではありませんし、センスもそんなに良くないので、色数は3~4色程度。塗り分けも養生手間を考えて極力控えるようにしています。

===

以前は現場で口頭打ち合わせのみだったのですが、どうしてもお互いに記憶違いや勘違いが発生するので紙に書くようにしました。

色も以前は、

「明るめのクリームイエローで・・・」

みたいな伝達をしていたのですが、濃さや色調がわからないらしいので色番指定をするようになりました。

こういうやり方をしていると、業者さんもやりやすいみたいです。

「出来上がって、色のイメージが違ったとしても100%私の責任ですから安心して下さい」

ともお伝えしていますしね・・・(^_^;

緑のボタンをポチッとお願いします!
↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================