緑のボタンをポチッとお願いします!
↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

2棟目も塗装が完了しました。途中雨が何日か続いたのですが、親方が人数を投入してくれて予定工期にぴったり合わせてくれました。

塗る前はこんな暗い感じでしたが・・・
DSC_1454

塗り直したら見違えるようです。女性がお化粧をして華やかになるような感じですね(^_^)
IMG_20170415_142412

IMG_20170415_142612

IMG_20170415_142756

===

今回の塗装工事には最初からスケジュールの制約条件がありました。

福岡県の地銀さんからご融資していただいたのですが、物件本体価格のほかに

・購入時諸費用全額
・不動産取得税
・塗装工事費用


までご融資していただきました。(ありがとうございました<(_ _)>)

ところが決済の2週間ぐらい前になって担当さんが、

「取得税はともかく、塗装工事費用は物件購入日から1ヶ月以内に支払って頂くことが必須です」

と通知してきました。内規で仕方がないということです。融資課長も出て来られて事情説明していただきました。

「今回は支店長決裁で満額融資することになりましたが、塗装工事の支払いが決済後1ヶ月以内に完了する予定ですとそのまま支店長決裁で進められるのに対し、それより後になると内規で本部決裁に変わってしまうんですよ・・・」

「本部決裁だと今回ご提案した金額や諸条件が否決されてしまう恐れもあるので、なんとか塗装工事を(物件決済の)1ヶ月後までに終了していただけませんか?」


ということでした。本部決裁に切り替わるのはたしかに面倒くさそうなのでやむなく了承しました。

===

塗装の親方にはそういう事情を話したうえで

「なんとか4月15日までに工事を完了して下さい。」

とお願いしました。アパートの決済日が3月15日だったので、その日がデッドエンドです。

「実際には4月14日の金曜日に振込送金することになりますので、前日の13日までに請求書を届けてもらえますか?」

と言うともちろん了承していただいたのですが、

「工期が4月15日までで、その前日までにはお支払いいただけるなんて夢のようです・・・(^_^;」

としみじみおっしゃいます。

どういうことか聞いてみると、

・塗装業というのは、塗料の仕入れ代・足場代・人件費が先に出ていき、入金がそれよりもずいぶん遅い業種なんです。

・企業相手だと、工事完了の月末締め・翌月末払いになってしまい、最長で60日近くお金が入って来ません。

・もっと大きな企業が相手だと月末締め・翌々月末払いになりますから最長で90日近くにもなります。

・ぺんたさんのところは法人なので月末締め・翌月末払いになってもおかしくないのに、すぐお支払いいただけるのでスゴくありがたいんです・・・


ということでした。

===

そう言われれば思い当たる節があります。

前回発注した工事のとき、請求書をいただいた翌日に振込を済ませてその旨を電話で報告したところ、

「え~っ!!もう振り込んでいただいたんですかぁぁぁ・・・(^_^; あああ、ありがとうございます!」

とこちらがビックリするような反応が返ってきたのです。その当時は

(そんなにビックリしなくってもいいんじゃね・・・(^_^))

と思っていましたが、考えてみれば構造的に資金繰りがタイトになりがちな業態だったのですね・・・。

===

大企業に勤めていた当時、いただいた請求書が書類の山の中に埋もれてしまい支払いが遅れることがよくありました。

そういう状況を見かねた同僚の女性社員が月末になると私の書類の山をチェックしてくれていたのを思い出します(^_^;

当時は相手も大企業でしたから大事には至りませんでしたが、大家さんの取引相手は小規模零細な自営業が多くなるので、支払い忘れが相手の資金繰りを決定的に悪化させてしまう恐れだってあります。

そういうことに気を遣って、極力素早くお支払いするようにしていたのですが、少なくとも塗装屋さんからは喜んで貰えることが確認できました・・・(^_^)

緑のボタンをポチッとお願いします!
↓↓↓↓↓
 人気ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================