ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

築浅物件の購入を仕掛けているのですが、三井住友銀行に続きりそな銀行からも断られてしまいました。トホホですが、まだまだ諦めません!

340798

商談した際の手応えはまずまずだったのですが、その時にも三井住友さん同様、既所有物件の耐用年数残が短いことがネックになりそうなことは言われていたんですよね。

で、お断りの際には、

「済みません。やはり既所有物件の耐用年数残が問題になりまして・・・」

「・・・・」

「それを乗り越えるために店内でいろんなアタマの体操をしてみたのですが、x千万ほど自己資金を投入してもらっても厳しいかな・・・という感じになりまして。」

「x、x千万ですか!!」

相手が都市銀行さんなので一定程度の自己資金は投入するつもりでしたが、それを遙かに上回る水準の金額でした。

「えぇ、でもその金額だとぺんたさんの目線には合わないですよね~。本当に申し訳ありません・・・」

「・・・・」

o0800052411945592278

私のような駆け出しにはメガバンクさんののハードルは高いですね・・・。

===

りそなさんから断られたことを受け、ペンディングにしていた三井住友さんに再度連絡しました。

三井住友さんは法人への融資はNGだったのですが、そのときに

「個人での借り入れだったら可能性が残っていますよ」

と示唆されていたのです。

できれば個人事業のほうは廃業したいと思っているので、

「他行さんの法人向け融資がダメだったときに再度ご相談させてください」

とお伝えしていました。

===

そこで、

「以前示唆していただいた個人での借入か、あるいはこの物件を購入するために新設する法人でのお取引を再度ご検討ください」

とお願いしました。

本ブログの読者の方からいろいろ教えていただいたのですが、三井住友さんの場合は個人向けの融資は比較的ハードルが低いそうです。

また耐用年数残の短い物件を所有する法人と、長い物件を所有する法人を分けている方もいらっしゃるようです。

そうした情報をもとに上記のように申し入れてみたわけです。

すると担当さんからは、

「個人または新設法人でもお取り組み出来る可能性は五分五分ですが、なんとか頑張りたいと思います!」

と言っていただきました。

これから再び「粘り腰」で頑張ります・・・(^_^;

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================