ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

ここのところ「リフォームネタ」と「銀行ネタ」が多くて恐縮です。

・物件ネタは買えるまでうかつに書けず(笑)

・実生活では3月に買った物件の直しをやっており

・次の物件を買うために銀行さんとやりとりもしており

・理論的/概念的なネタを書くとアクセスが下がる(苦笑)


というワケなので、ある意味私の現状をきちんと反映したネタ傾向でございます(笑)

===

それはさておき、先日取引先のしんきんさんに書類のお届けに上がりました。

閉店後だったので屋外で担当さんと少し立ち話をしました。

maxresdefault (1)


「ぺんた社長、よその融資はどんなですか??」

「XX銀行さんとXX信組さんは相変わらず止まっていますね~」

「やっぱりそうなんですね。実はうちも少しづつ審査がカラくなってるんですよ~」

「ほう、どんな風に変わって行ってるんですか?」

担当さんの答えを要約すると、だいたい以下の通りです。

①新築向けの融資が引き締められた

ちょっと前まで、アパートメーカーの木造・新築に35年ローンを出していたが、行内で「なんぼなんでもやりすぎ」という声が優勢になって、30年が上限になったそうです。すると表面利回り5%程度の新築案件はなかなか通らなくなったそうな・・・。

②中古向けもストレス強化に

「中古物件の場合は入居率が70%になっても収支が回ることが前提になりました」

ということです。おそらく経費率を満室時家賃の20%程度で見ているでしょうから、返済比率が50%以下になる組み立てでないと通過しにくくなったのだと思います。以前より10ポイントほど厳しくなっていますね。

===

「そんな感じになったので、否決される案件が増えてるんですよ~(;^_^A」

「でもぺんた社長の組み立てだとまだ行けますので、何か案件をお願いしますね!」

「望むところですよ~。いままで金融機関さんがユルかったので相場が上がってたいへんでしたけど、これからは適正な価格に下がっていって、私としてはやりやすくなります!」

みたいな会話でした。

新築が抑制され、中古も収益性重視に回帰したという感じですから数年前に戻った感じになっていくのかもしれませんね。

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================