ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

==============================
おはようございます。ぺんたです。

あるときアパートの敷地内を清掃していたら入居者のじいちゃんが声をかけてきました。

「大家さん、最近畳の間の隙間が広がってきて気持ち悪いんで、あとで寄ってくれよ!」

とおっしゃいます。

(あ~、寂しいから話し相手が欲しいんだな・・・(^_^; )

「この作業が終わったらお部屋に伺いますよ」


===

作業が終わったあとにお部屋にいくと

「まあ上がってや」

「お邪魔します」

「ほら畳の隙間が大きいだろ。最近広がったみたいなんだよ」

「・・・まあ壁が広がってはいないでしょうから、畳が縮んだんでしょうね(笑)」

と冗談っぽく言うと畳のことはもう興味がないみたい。。。

そこからはじいちゃんがほとんど一方的にしゃべくります。持病のこと、昔サラリーマンだったころの武勇伝、別れた奥さんのこと・・・。

もう何回も聞いた話ですが初めて聞いた話のように相づちを打ってあげます。

1時間ほど聞き役になったあと、じいちゃんが急に目線を外にやって、

「大家さん、あれ見てごらんよ・・・」

と声をひそめました。

窓の外は駐車場です。1台のクルマに向かって男女のカップルが腕を組みながら歩いて行きます。女性は男性の腕にぶらさがるようにしがみついています。どうみても女性のほうが男性に夢中な様子です。

gahag-0019752729-1
※写真はイメージです。

男性は40代中盤ぐらいでしょうか。太ってはいませんが頭が薄くなっていて、いい男・・・とはいい難い感じ。女性は20代半ばほどでしょうか。ずいぶん年齢が離れています。

女性が軽自動車に乗り込み窓ガラスを開けると男性のほうに唇を突き出してキスをせがんでいるようです。私は正視できずに目をそらしました。

「あ~、あいつらまたキスしてやがる!ばっかじゃね~の」

とじいちゃん。

「じゃあ見なきゃいいじゃないですか!」

「だってヒマなんだもん(笑)」

2人で腹を抱えて笑います。

「あのオンナ、2人目なんだよ」

ポツリとじいちゃんがつぶやきました。

「へぇ~、あの二人はさいきん付き合いだしたんですか?」

私はてっきり新しい彼女と付き合いだしたばかりなのだと思ったのですが・・・・

「いや、1日おきに別のオンナと同じことやってんのさ(爆)」

「え~っ💦ホントですか??」

詳しく聞くと、もう一人別の彼女がいてその子はキャバ嬢風。最初はなんとなく距離感がある様子だったけど、さいきんではキャバ嬢が男にゾッコンだとか・・・。

「あんなブサイクでハゲだけど、たぶん口がうまくてマメで、相当な遊び人だよ。そのうち女の子が貢ぎ出すぞ・・・。でもあいつどこの部屋だよ?」

「そんなの知ってても言えるわけないじゃないですか!(^^ゞ」

「毎回ああやってキスして女の子を送り出したらオレの部屋を覗き込んで『どうだ!』って顔するんだよな。シャクにさわる!」

「それは気のせいではないですか?w」

「大家さんも家族から離れて暮らしてるらしいけどさ、あんまり奥さんを泣かせちゃいけないよw」

こちらに矛先が向いてきました。

「私は毎日こうやって真面目に一生懸命作業してますよね!」

「昼間はな(笑)」

「夜はブログというインターネットの日記を毎日書いているんで、遊び歩いたりしません!」

「でも大家さん、女難の相が出てるよw」

「むかし苦労したからもう出てません!(笑)」

だんだん酔っ払いの会話みたいになってきたので、

「ここにいたら変な説教をされてしまうんで作業に戻りますよ!(笑)」

と言って切り上げました。1時間半ほどいたことになります。

===

こういうのも私の日常の一コマです・・・。

もちろんビジネスライクに短時間で切り上げることも出来ますけど、話したがっている入居者にちょっとばかし付き合ってあげるのも大家のソフトサービスかなと思っています。

こういう日の作業は残業になっちゃいますけどね(^-^*)

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい


==============================