ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============
おはようございます。ぺんたです。

昨日のエントリーは私が思ったよりも多くのアクセスをしていただきました。

私同様、建築確認とか完成検査とかよく分かっていない人が多かったのかな?と、ある意味ホッとしておりますw

検査済証は再発行できないそうなので頭が痛いですよね~。

◎関連リンク:『「確認済証」と「検査済証」の違い』

中古物件を購入する際、「検査済証」は金融機関が要求するわけで、金融機関がどこで手打ちしてくれるかで対処方法が異なります。

私の場合、いままでは検査済証なんて要求されなかったのですが、今回どう対処したのかをご紹介しましょうね・・・(^_^;

===

仲介の担当者さんから、

「オーナーさんに確認したのですが、完了検査は受けてないみたいだっておっしゃってるんですよ」

という連絡が入りました。

「えっ💦金融機関は検査済証がないと融資しないっていうスタンスなんですけど、もうボツですか!?」

「いえ、事実関係が確認できないので私がxx市役所に行って、検査の台帳を閲覧させてもらうことにします。検査の番号が確認できたらそれだけで(金融機関が)OKな場合もありますし、台帳のコピーを提出することでOKになることもあります」

→ 方法① 役所で検査台帳を確認させてもらう
4_E58FB0E5B8B3

===

後日、仲介の担当さんから電話が入り、

「ぺんた社長、役所で台帳を閲覧したのですが、検査はやっぱりやっていなかったみたいです・・・。申し訳ありません・・・。このあとどうしたら良いか、金融機関の判断を仰いで貰えますか??」

「わ、わかりました・・・」

あわてて金融機関の担当さんに電話すると、

「実際に建築を行った建設会社さんに連絡して、『当時の建築法令に準拠して、適切に建築しました』という念書を取って貰えますか?書式は自由書式で結構です」

ということでした。

(ん?? 客観的に適法なのと、建設会社が適法だって言うのとは意味が違うハズだけどなぁ・・・💦)

そう思いながらも逆らわずに仲介さんにお願いしました。

→ 方法② 建設会社さんに念書を書いてもらう
keyvisual-2

===

「ぺんたさん!!売主さん経由で確認したら、あの物件を建築した会社さんはもうとっくに倒産しているそうです!!申し訳ありません・・・・あ、でも当時の設計士さんはまだ存続されているそうなので、そこに念書を書いてもらいましょうか??」

「設計士さんでもいいかどうか金融機関さんに確認しますね~!」

ここまで来たら執念に近いです。

問い合わせた結果、

「設計士さんによる文書でも結構です!!」

という回答を得ましたので仲介さんにお願いして取ってきてもらいました。(いまこれを金融機関に提出したところです。)

→ 方法③ 設計士さんに念書を書いてもらう
pho_02


===

そういった方法ではどうしても納得して頂けない場合・・・ファンドが物件を取得する場合などがそうらしいのですが、指定確認検査機関が検査証に準ずる証明書を発行してくれるそうです。

金額はよくわかりませんが、たぶん高額な料金がかかるのでしょうね。

→ 方法④ 指定確認検査機関に有償で証明書を発行してもらう
34bde74a09715fbe8094dbcf39cc52bb

私が知り得たのは以上の4つです。

自分の物件を売却する際、検査済証の提出を求められる場合が今後は増えるでしょうから頭の片隅に置いていて下さいね。

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けると凄くうれしいです。

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============