ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============
おはようございます。ぺんたです。

物件を買うとき、仲介会社さんのカラーが出るなぁと思うのは契約のタイミングですね~。

多くの仲介業者さんは買付証明書を私が出した時に契約を結んでくれますが、ごくまれに融資の本承認が下りないと契約を結ばない・・・という業者さんもいらっしゃって、面食らう時があります。

career

===

物件購入時の普通のパターンは、

・未公開物件の情報を一早くご紹介いただいて

・2~3時間程度で現地確認し、

・気に入ったものがあればすぐに買う意思を表明

・たいてい5%~10%程度の指値を入れ

・売主が了承したら買付証明書を提出し

・広告掲載など、一切の営業活動を止めてもらい(笑)

・契約締結

・金融機関へ持ち込み

・一定期間後に決済


という感じです。つまり先に契約を締結してから金融機関へ持ち込む形になります。

これは私に取っても仲介業者さんにとってもメリットがあります。私は物件をほかの大家さんに取られないようにブロック出来るし、仲介業者さんは私を逃がさないように囲うことが出来ます。

===

ところが今月購入する物件の片方は、契約タイミングがやたら遅く、

・金融機関へ持ち込み

・融資本承認が得られてから契約締結

・一定期間後に決済


という流れになっています。

契約締結の際、仲介会社の社長さんに、

「いつもは先に契約を結ぶことが多いのですが、御社は契約のタイミングが後になっていて珍しいですね~」

と水を向けたところ、

「ええ、うちはいつも融資の承認が出てからですね~」

と仰っていました。

融資本承認が出てから契約までに何と3週間も要したことを考え合わせると、恐らく

・扱う物件数が非常に多い業者さんであり

・顧客は初心者クラスのサラリーマン大家さんが多いらしいので

・融資付け失敗を恐れて契約は後回しにし

・融資本承認が出てから物件調査→重説作成

という業務フローにしているのではないかと推察されます。

===

こういう「後契約」の場合、よその大家さんに持って行かれることが怖いですよね。

だから私の場合は買付証明書を提出した時点で、

「広告掲載は一切止めて下さい」

「他の大家さんへの紹介も止めて下さい」


とお願いします。この2つのお願いを聞いてくれなかったら金融機関への持ち込みはしないことを臭わせます。

「私が金融機関に持ち込んだあとに他の大家さんに流れてしまったら、金融機関の心証を害してしまいますから・・・」

と説明しています。

===

知り合いの大家さんが「後契約」で物件を金融機関に持ち込んだことがあります。

ちょっと初動でもたもたしてしまったこともあり、仲介業者さんが他の大家さんに紹介し、

「現金の買付が複数入りました」

という理由で切られてしまいました。

ところがひょんなことからその物件を購入した方とお知り合いになったのですが、現金買いでも何でもなく、普通に銀行融資を利用していました(^_^;

つまりは仲介業者さんが浮気をしたわけで、「後契約あるある」ですね。

そんなことにならないように、事情が許す限り先に契約を結ぶよう気をつけています。

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============