ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============
おはようございます。ぺんたです。

昨日はリフォーム中の貸家できったない床をずっと洗っていました。

こんなに汚なかった床が・・・
IMG_20170803_095708

時間をかけてセスキ炭酸ソーダ水でゴシゴシ洗って徐々にキレイになり・・・
IMG_20170803_100828

こんなにキレイになります!クッションフロアを張り替える必要はありませんでした・・・
IMG_20170803_113731

どうしてこういうことが自分の部屋で出来ないんだろうか不思議ですw

===

この作業をしている途中で、顧問税理士からメールが入りました。私と家内宛です。

先月末に購入した2棟のアパートを土地と建物に按分するExcelシートが添付されていました。経理担当の家内が帳簿に投入するための基礎資料です。

一瞥してすぐ間違いが発見できたので家内に電話しました。

「この資料の中で仲介手数料の項目があるけど、このセルには登記関連費用とかも含まれてる?」

「いや、登記費用は按分する必要ないからこのシートには含まれてないわよ・・・」

「じゃあ仲介手数料の数字が間違っているんで、XXさん(税理士)に訂正するよう指示してくれる?」

「わかった・・・💦」

2800万円のアパートの仲介手数料がなんと193万円余りになっていたのですぐ気づきました。家内に確認したら本来の手数料が93万円余りで、それにちょうど100万追加されていたようです。勝手に追加すんじゃね~w

(ついつい税理士だからって何でも知っているように思ってしまいますが、仲介手数料が3%+6万円って知らない人もいますからね・・・。)

家内が電話で訂正依頼したのでしょう。しばらくしたら訂正版が送られて来たので、

「XXさん、クライアントに数字を送る時には一旦深呼吸して、数字を再チェックしてからにしましょう!(笑) ぺんた」

とイヤミのメールを送ってから作業に戻りました・・・(^_^;

===

何でもないやりとりですが、私の意識が現れている場面なのでネタにしてみます。

というのも一般のみなさんは税理士のことを、

「国家資格を持っていて」

「自分達よりもずいぶんスキルが上で」

「数字に強い存在」


だと認知して、畏敬の念を持って「先生」と呼びますよね。

でも私は、少し不遜な感じに聞こえるかもしれませんが、

「税務に関しては私よりもスキルが上だが」

「本来当社がやるべき税務を単にアウトソーシングしている存在で」

「ちょいちょい数字を間違える困った存在で(笑)」

「だから部下と同じように指導監督してあげなければならない」

「従って俺の「先生」ではない・・・(^-^*)」

と本音で思っています。

だからこそ依存心は持たず、出て来た数字をきちんとチェックします。だって税理士が間違えて追徴を食らっても責任を取るのは私で、税理士ではありませんからね・・・。

===

そういう意識があるので、普段から「先生」とは呼びません。そう呼ぶと自分の中に依存心が芽生えてしまいそうな気がするので・・・w

だから皆さんも税理士を「先生」と呼ばないようにしてはいかがでしょうか??

ビジネスパートナーとして大事にはしないといけませんが、税理士を先生と呼ぶのであれば、内装工や塗装工の職人さんも「先生」と呼んであげましょう・・・(笑)


ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============