ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

ここのところフェイスブックで記事リンクが表示されにくい状況が続いています。

恐れ入りますがブログトップをブックマークして下さいますか?毎朝7時に更新しますので見に来て下さい<(_ _)>


URL http://penta5404.blog.jp

===============

おはようございます。ぺんたです。

火事の現場はすごい人数でごった返しています。

消防が10名ほど。警察からは刑事が4・5名、鑑識が同じくらい・・・。彼らの作業を遠巻きに眺めていたら、一人の鑑識さんから声をかけられました。

「火災現場のお隣の奥さんからお話しがあるそうです」

少し離れたところでお話しをさせてもらいました。

「あの~、こういうときになんですが、うちの電気が使えなくて困ってるんですけど、いつ復旧しそうですか?」

「えっ、あ~。停電しているんですか!?」

恥ずかしながらこの時点まで全館停電になっていることを知りませんでした。

復旧時期が判明したらすぐにお知らせすることを約束していったん終話。そして近くの消防さんをつかまえて質問してみました。

「あの~、全館停電しているみたいなんですがこういう時ってどうすれば良いもんですか?」

と、いささか間抜けな質問をしてみたら、以下のようなことを教えてくれました。

・火災現場は電線がむき出しになっているのでこのまま通電すると再び火が出てしまうよ

・階下の水災部屋も水をかぶってしまったので漏電が酷いでしょう

・たぶん中国電力が大元のトランスから切っているのでは?

・詳しいことは我々じゃわからないので中国電力に聞いて下さい


(ま、そりゃそうだ・・・。)

===

私は火災事故の被害者であると同時に、アパートという住宅サービスの提供者でもあります。

今回被害に遭った2部屋の復旧は「被害者である私」が抱えることになる課題ですが、「サービス提供者である私」は残りの4世帯の日常生活をすぐに取り戻してあげなければなりません。

落ち込む暇もなく電源の復旧に取りかかりました。

少し冷静になって事故現場の電気配線を観察してみると、火災部屋に来ている電気幹線は被覆が完全に焼けて裸になっていました。もちろんこのまま通電は出来ません。
IMG_20170901_114117

お隣の部屋はすすけてはいますが、電気幹線もメーターも大丈夫です。
IMG_20170901_114146

(お隣の部屋と火災部屋の間の配線を切らないとこりゃダメだな~)

と気づき、すぐに電気屋さんを手配しました。手配したといっても私自身ではなく、いつもお世話になっている設備屋さんに事情を話して手配をお願いしました。

(忙しいなか小一時間かけて電気屋さんを探してくれました。ありがたいものです<(_ _)> )

===

電気屋さんの手配をお願いしたあと事実確認のため中国電力に電話しました。

何度か折り返しのあと、事故の晩に急行してくれた方と直接おはなしが出来ました。

「現在全館停電になっているのですが、消防さんに聞くと中国電力さんが電柱のトランスを切っているかもとおっしゃっているのですが・・・?」

と聞くと、

「いえ、トランスは切っていません。アパート全体のブレーカーが落ちている状態です。60アンペアのヒューズが溶断しているので電気屋さんに直して貰って下さい」

「全体のブレーカー以降の配線はアパートの設備ですので、大家さんがご自身で手配して修復して下さいね。たいへんだと思いますが・・・」

とおっしゃいます。

以前も宅内で漏水したときに水道局がさっさと帰ってしまったことを思い出しました。宅内は大家の設備なので自分で修理してくれとその時も言われましたね。

「電気屋さんはこちらで手配していますが、依頼する内容はこんな感じでいいですか?」

と3点ほど確認したところ問題ないとの回答を得ました。

じきに電気屋さんが来てくれたので、火災部屋に向かう電気幹線を最初に切り離してもらいました。
IMG_20170901_140411

IMG_20170901_140414

次に真下の水損部屋の絶縁をお願いしたら

「分電盤を外したほうが確実ですよ~」

とおっしゃったので、そうしてもらいました。

そしてアパート全体のブレーカーを復旧してもらいました。
IMG_20170901_125833

事故に遭った2部屋は直接遮断しましたが、ほかの部屋にも消火の水がかかっているかもしれないので念のためこのブレーカーから漏電の有無をチェックしてもらいました。

こうして電源は復旧させることが出来ました。お隣の奥さんの指摘から約2時間後です。

このあとプロパンガスの供給と、インターネット無料サービスに問題がないことを確認して現場を離れました。

ふぅ。私も事故被害者の一員なのですがライフラインの復旧をしなければならないという、メンタル的に負荷のかかる立場ですね・・・。

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

ここのところフェイスブックで記事リンクが表示されにくい状況が続いています。

恐れ入りますがブログトップをブックマークして下さいますか?毎朝7時に更新しますので見に来て下さい<(_ _)>


URL http://penta5404.blog.jp

===============