ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい


===============
おはようございます。ぺんたです。

昨日は福岡県の自宅から山口県の職場に戻る途中、北九州市の実家に立ち寄りました。

実家では母がひとり暮らしなので様子を見るためです。

===

実家に入ると私は最初に仏壇に手を合わせることにしているのですが、仏間のタタミがありません!

(え~っ、お母さんどうしたと~?)

と一瞬心配になりましたが、遅れて顔を出した母親に聞くと、

「ご近所さんが畳表を替えて気持ちよさそうだったから、うちも頼んだ」

と言います。ボケてはいないようですw

あ、ちなみに以前ボケを心配しているという記事を書いたことがありますが、あのあと認知症の簡易検査を受けて問題ないという判定を受けました。取り越し苦労だったかもしれません。

(ご心配をおかけしました<(_ _)>)

===

母としばらく世間話をしているうちに畳屋さんが畳を戻しに来ました。

わたし、アパートの和室は片っ端から洋室転換していますので、表替えに立ち会うのは初めての体験です。

職人さんの作業を覗いていると、やっぱりいいですね~。手際が良くって、畳同士のわずかな段差も敷物を入れて微調整していきます。

全て敷き終わったあとに、最初のメンテナンスのやり方を教えてくれました。

「ちゃんとした日本製の畳表っていうのはね、泥水の中にい草を沈めて葉緑素の緑が抜けないように加工しているんですよ。だから付いている泥を最初に取り除かないといけないんですよ」

img-process_05

「最初に掃除機をかけて、そのあと雑巾でから拭きをして下さい。それを2回繰り返すと靴下が汚れなくなります」

へ~っ!知らなかった。表替えの度にそんな作業が必要だったんですね。

===

今回は2部屋分の表替えをしましたので母親一人では重労働です。山口県に戻る予定を遅らせて、手伝ってあげました。

DSCPDC_0000_BURST20171113170220844

まだ体力のある私でも息が上がるほどの重労働でした。

一時間ほどで終了し、畳の色がキレイに変わりました。
DSC_0003

掃除機のフィルターは泥の粒子をかなり吸い込み、雑巾は真っ黒になりました。

===

畳屋さんがまだ作業中のことです。畳表に小さな紙片がついているのに気づきました。
1487477321

「これってなんですか?」

とはなしかけたところ、畳やさんは我が意を得たりとばかりに話しだしました。

「最近は安い中国製ばかりが流通していてね、それを日本の業者が日本製だって偽って高く売ってるんですよ。だから『これはホンモノの熊本産』っていうブランドタグを付けて出荷しているんですよ」

あ~、なるほど!関あじ・関サバについているラベルといっしょだ~(笑)。
ダウンロード (3)

「中国産はね、やっつけの染料で色を付けているんですよ。あの国のことだから何がはいってるかわからないの・・・。」

ふむふむ、たしかに牛革の古靴から偽装食品を作る国ですから畳の染料が無事で済むわけはありませんw

「ほら、賃貸アパートの畳表って一枚3000円ちょっとでチェーン店が替えるでしょ?あんなの日本製だって言っててもマチガイなく中国製だから。」

「・・・・(^_^;」

う~ん。そういえばうちのアパートで表替えを頼んだとき、から拭きなんて誰もやってないよな~。

ということは間違いなく中国産でイヤだけど、高価な熊本産は使えないよな~。

(おじさん、ゴメン!やっぱり俺は洋室転換するわ(^_^; )

と心の中で謝っておきました(笑)

ポチッと押して応援をお願いします!
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい


===============