お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい


===============
おはようございます。ぺんたです。

読者の方からご相談をいただきましたので許可を得て記事にさせていただきます。

ご相談内容はガス屋さんとの契約についてです。所有されている中古アパート(4戸)の大規模改修を実施するにあたりガス会社さんと契約を結ぶことになったそうです。

大規模改修にあたり、

・古いガス給湯器の無償取替をお願いした(追い焚き式の給湯器に更新してもらった)

・混合水栓の取替工事をお願いした(ブツは施主支給なので工事のみ依頼)

・設備(および工事)はガス会社からの貸与扱い

・大家さんの費用負担はなし


という条件で合意し、工事が進行。工事が終わったあとに先方から提示された「設備使用貸借契約書」の内容にびっくりされて私宛にご相談が届いた次第です。

CIMG6472-e1480500845995

===

以下はご相談者さんがQ、私がAになったQ&A形式でお届けします。

Q①:契約書に記載の設備合計金額:151万円 となっています。たった4戸なのに金額を見て仰天しております。

A①:たった4戸でしかも施主支給の含まれる内容で151万円というのはぼったくりバーですw 。うちの場合20号の追い焚き給湯器+リモコン二箇所取付+配管工事+配管スカート取り付けまでぜんぶ込みで9万ちょっとでやってもらっています。 
また水栓(施主支給)の取付は単純な取付であれば作業工賃6000円程度。配管の新設などあっても3万程度だと思います。つまり一室単価が高くても12万程度・・・これが4部屋なので多くても50万程度の工事だと思います。 3倍ほど高い金額だと思われます。

Q②:「家主がLPガスを継続購入する事を前提に無償貸与する。」となっているのに「ガス機器を滅失又は毀損した時は家主負担で修理」となっています。また家主の管理不行き届きによる毀損と、第3者が破壊(毀損)した場合、及び自然災害による毀損の場合も家主負担だそうです。ぺんたさんのところはどういう条件になっていますか?

A②:私のところは貸与していただいている給湯器が故障したらガス屋さん負担で修理してもらっています。ガス機器はガス会社さんの資産を貸与してもらっているわけで、それが壊れた場合は大家が費用負担っていうのはナンセンスだと思います。

Q③:「アパート転貸、売買する際は、ガス屋側の書面同意が必要 」となっています。

A③:大家が物件を売るか売らないかは大家の勝手です。それを制限されるような条件を飲んではいけません。しかし買主から別のプロパン会社に変えられては困るという先方の気持ちも分かるので、私の場合「売却時にはガス供給契約を買主に継承する」というような文面にしています。 

Q④:「ガス契約が終了した時は、15年定額償却にて経過年数の簿価で買い取る」となっています・・・(^_^;

A④:ガス給湯器の法定償却年数はたしか6年だったと思います。ガス会社さんの社内的には6年で償却が終わっているものを、契約書上だけ15年償却で・・・というのはおかしな話です。
契約書上長い期間をふっかけておいて、しかも工事代金をえらく高い金額にしておくことで他のガス会社への切り替えを防止する意図があるのだと思います。
私だったら飲まない条項です。

===

大家さんがガス会社さんにおねだりをし、中には法外なサービスを要求する大家も後を絶たないなか、ガス会社さんも自社に一方的に有利な内容の契約書を作って自衛しているのでしょうね。。。

ガス屋さんの立場だと、こうでもしないと大家さんのおねだりに対抗して自社の利益を守れない・・・ということかもしれませんが、内容が内容だけにこのままではハンコは押せませんよね(^_^;

何はともあれ、契約書の中身を読まない大家さんが多いのでこういう契約書がはびこるわけで、まずは契約書をちゃんと読むようにしましょうね。

その意味では今回ご相談いただいた方はきちんと読んで疑問を感じておられるので、立派だと思います。

注)ちなみに私が経験したガス屋さんの怖い契約書は以下の記事から・・・

「契約書の一文にゾーッ💦」

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい


===============