お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい


===============

おはようございます、ぺんたです。

元ヤニ部屋のリフォームで、面倒くさくって最後まで残しておいた箇所があります。トイレのクッションフロアです。

プロに頼んだとしたら便器をいったん取り外して簡単に貼り換えるのかもしれませんが、私はそんな技能を持っていませんので便器を残したままの施工となります。。。便器の形を採ってくりぬく作業が面倒くさいんです。

最初に型紙作りからです・・・。A4の用紙をいくつもくっつけて2枚の大きな型紙を作ります。
DSC_2280

こういうのって新聞紙だと簡単につくれるのですが、我が家がとうに新聞の購読をやめているのでA4のコピー用紙をつなぎ合わせました。(もうここから面倒くさいです💦)

片方をトイレの床にあてて壁の形に沿って切り抜いていきます。
DSC_2283

型紙がズレないように注意しながら便器のカーブに沿って曲線切りしていきます。
DSC_2284

1枚目の紙が切り抜き終わりました
DSC_2285

このあと便器の左側に別の紙を同じ工程で切り抜きます。(1枚目と部分的にテープで固定してから切り始めます)

狭い場所でイライラしながら切り抜きがようやく完了。すると、便器や壁の凸凹を映した型紙が完成します。
DSC_2286

新しく貼り付けるクッションフロアにこの型紙をズレないように押し当て、端をカッターで正確に切っていきます。(このあと型紙の外側も同じように切っていきます)
DSC_2288

するとトイレの床・便器の形を正確に写した形のクッションフロアが出現します。
DSC_2289

最後に便器の奥にあたる部分を直線でカットしたら準備完了です。
DSC_2290

切ったあとは便器をかわせるようになっています↓
DSC_2292

次はクッションフロア用の接着剤を床に塗る工程です。
DSC_2294

床下地に接着剤を塗ってから20分ほど放置します。この時間で接着剤が半渇きになって接着力が出てきますので、そのあとでクッションフロアを貼っていきます。
DSC_2295

さっき切り抜いたクッションフロアをズレないように貼っていきます。
DSC_2297

貼り終わった状態がこんな感じです↓
DSC_2298

DSC_2299

DSC_2300

隅々まで接着剤と密着するように荷重をかけたあと、コーナー部分と便器の周りに透明なコーキング剤を打って作業完了です。

初めての作業だったので3時間ほどかかってしまいました。

完成した写真がこちら↓です。
DSC_2319

ここまで完了しての感想ですが・・・


便器を外したほうがかえって楽だったかも・・・(爆)


仲間の大家さんは便器の取り換えまで自分でやられていますもんね・・・。

とはいえそこまでの技能を持っていない私のような場合は、ここで紹介した型紙方式を地道にやればキレイに貼り換えられますよ(^_^)

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

友達リクエスト頂けるとうれしいです。
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい


===============