お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

キラキラ・共食い系以外の方の友達リクエストをお待ちしておりますw
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい


===============

おはようございます、ぺんたです。

募集中のお部屋でゴキブリが運動会をやっていたらしく、かなり汚くなっていましたので再びハウスクリーニングに入りました。

空室の電気と水道はきちんと契約していつでも使えるようにしていますので現地に行ってブレーカーを上げたのですが通電していませんでした。もしかしたら私が誤って家内に「電気の契約を切っておいて・・」と指示しちゃったのかもしれません。あちゃ~💦

あわてて中国電力に電話して、再契約しました。

「どれくらい待てば通電しますかね!?」

とお伺いすると、

「20分ほどはかかると思いますのでしばらくお待ちください!」

と言われました。普段開通するときには2時間ぐらいかかるので、

(ん!?いつもよりエラく早いな。。。今日は中国電力がヒマなのかな(笑))

などと思っていました。のんきなものです(苦笑)

===

遊んでいるのも何なので、電気が不要な拭き掃除を先にやっていたら10分もたたずに照明がパッと点きました。

(お~!今日はめっちゃ早かったな~!)

とびっくりして玄関先に出たところ作業員の姿が見当たりません。こういう時にはいつも「無理言ってすみませんね」と声掛けするのですが、今回は空振りです。

もしかしたらアパートの大もとになるブレーカーのところで配線をいじくったのかもしれないと思ってそっちを確認してもやはり誰もいませんでした。

キツネにつままれたような気分になって部屋に戻ったら気づきました。そのお部屋にはスマートメーターが付いていたんです・・・。これだな!と思いました。

1548-l-image

一般的な電気メーターは円盤がぐるぐる回るこういう↓↓タイプですよね。

meter

そういう旧式が順次換装されていって、だいたい2020年ごろまでには日本中の電気メーターがスマートメーターになるそうです。

スマートメーターには通信機能が備わっていますので、いちいち係員が検針作業をする必要がありません。人件費を大幅カットしたい電力会社側のコストダウン策の一環ですので、大家や入居者にはメリットがないと思い込んでいました・・・💦

ところが自宅に戻ってしらべてみると「遠隔操作で電気をON/OFFする機能を持っている」ということがわかりました。

今回のようなケースでは通常、作業員が現地にきてメーターの接続作業を行います。
0bcf037614b12285384cf96c4af027f7
(※画像はイメージです)

この作業が不要になり、電力会社の操作ひとつですぐに電気が使えるようになるわけですから大家や入居者にとってもメリットがありますね。

でも逆に言うとスイッチポンで電気が遮断できるわけですから、電気代滞納者に対しては従来メーターよりも厳しい環境になってしまうかもしれません(-_-;)

ある意味、電力会社の働き方改革ですね・・・w


お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

キラキラ・共食い系以外の方の友達リクエストをお待ちしておりますw
Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい


===============