お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============

おはようございます、ぺんたです。

先日銀行におじゃましていたところ見知らぬ番号から電話がかかってきました。

応答すると、あるアパートの浄化槽管理をしている業者さんでした。ちょっと困惑気味の声で、

「いま現場にいるのですが、浄化槽の雑排水のほうに油が大量に流れ込んでいるんですよね・・・(^_^;」

とおっしゃいます。

このアパートにはウン○やオシッコなどのし尿を処理する槽と、台所・お風呂からの雑排水を処理する槽の両方を備えた、ちょっと変わった構成の合併浄化槽が備わっています。

「たぶん最近ご入居された方が使用済みの油をキッチンから流していると思うんですけど、こういうことを続けられたら浄化槽が機能しなくなるので、ご入居者にそういうことをしないように注意喚起をしていただけませんでしょうか!?」

というのが電話の用件でした。すぐ写真を送ってもらえるようお願いしました。

===

フタが開いているのが雑排水用の槽です。(奥のほうがし尿用です。)
浄化槽

最初に雑排水が流れ込む第一槽のほうはこんな↓↓感じ。。。まるでウン○の方かと思いましたが間違いなく雑排水です(笑)
上のほうに白く見えているのが固まったサラダ油だそうです。
沈殿槽

第一槽のほうは水に混ざったゴミを沈殿させる機能を持っています。ここから上澄み水が第二層↓↓のほうに渡されるのですが、そちらも水が白く濁っています。

バッキ槽

水と油を混ぜると「乳化」といって水の中に油が混ざり不透明な液体になるのですが、まさにそんな状態になってしまっていてこれでは水質が浄化されたことになりません。

すぐに管理会社さんに電話して、翌日には注意喚起の投げ込みを全戸に投入してもらいました。

===

浄化槽に油というとすぐに連想するのが中国人です。

以前所有していた物件では入居していた中国人が大量に使用する油をキッチンからそのまま流してしまうことで下水道が詰まりそうになったトラブルがありました。

これはある意味仕方ありません。彼の国の生活習慣ではそうするのが当たり前なうえ、管理会社から油の処理について何もレクチャーされていませんでしたから・・・。

トラブルを受けて注意喚起したところ彼らも協力してくれましたのでその時は一件落着しました。

ところが今回の物件は全員日本人が居住するアパートです。私の世代は油の処理方法をきちんと親から教えてもらったと思うのですが、若い人たちは教えてもらっていないのですかねぇ・・・!?

たとえばビニール袋に新聞紙を詰め込んでそこに流し込むとか・・・
oil

固めるテンプルで固体化してから捨てるとか、いずれも簡単なことなんですが・・・
kitchen_01_01

外国人の生活マナーが悪くて困る・・・という声を他の大家さんからも聞きますが、いまや日本人のマナーも徐々に劣化してきているのを肌で感じる今日このごろ・・・。

とくに手頃な賃料の中古アパートでこういうマナー違反が多いようです。大家さんは入居者の教育係だ!という意識も必要なのかもしれませんね・・💦

お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓

不動産投資ブログランキング

Facebook:ひろゆき ぺんた あんざい

===============