お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!
===
おはようございます、ぺんたです。

6月に現金買いした戸建は、結果的に業者さんにお願いする部分が多くなっています。その中のひとつがキッチンでした。

元の状態がこんな感じ↓↓でした。
DSC_1768

キッチン本体と換気扇がかなりくたびれていたので今回交換することにしたのですが、吊り戸棚はまだ使えそうなので自分でカッティングシートを貼って誤魔化すことにしました。

また天井材には染みが浮かんでいたのですが、これは塗装すればいいや・・・ということで工事の対象外に。

私は工事を外注するときにはどこをどうして欲しいのかを一覧にしてお渡しするようにしています。その中にもキッチンの仕様をちゃんと書いてお渡ししました。

工事仕様

見積からおよそ一ヶ月経って業者さんが工事に入られたあと、社長から電話がかかってきました。

「吊り戸棚を外したら天井部分に下地がなにもなかったんですよ。新しい吊り戸棚が少し小さいものですから、このままだと天井裏が見える隙間が空いてしまいます。どうしたらいいでしょうか?」

というご相談でした。ん・・・!?

「吊り戸棚は交換しないと仕様書に書いておきましたが・・・」

と申し上げると絶句されていました。

現場で打ち合わせしたときもそのように説明しましたが、見積書には「システムキッチン一式」としか書かれていなかったので私も見逃してしまっていました。

「もう吊り戸棚は外してしまったのですから仕方ありません。(私が塗るつもりだった)天井材をぜんぶ剥がしてもらって、ベニアを天井全面に捨て貼りし、クロス仕上げにして下さい。」

と指示したうえで、追加でかかる費用はこちらで負担するので請求の時に上乗せしてくれるよう伝えました。

「私のミスなのに本当にいいんですか~!」

と恐縮しながらも嬉しそうですw

「あ、ちょびっと安くしておいて下さいね(笑)」

とお伝えして交渉成立!

後日キッチンが入る前にチェックしたところ、こんな感じ↓↓に仕上がっていました。
DSC_3572

少なくとも天井に穴は開いていません(笑)新しいシステムキッチンが入ったらピカピカになるでしょう。中途半端に吊り戸棚と古い天井を残さなくてよかったかも・・・(^_^;

後日届いた請求書にはキッチン天井の追加工事として1万円だけ上乗せされていました。これでは材料代にもならないでしょうに、ミスして悪いと思ったのでしょうね。ありがたいことです。

===

後日社長と話したとき、

「こちらの責任でミスしたとき、『見積の金額以上は出さない』と仰る方がおおくてこちらもそれを当然だと思ってご対応するのですが、上乗せしていいと言って頂いたのは本当にありがたいです!」

と仰っていました。また私の好感度が上がったようです(笑)

ここのような小さな街では業者さんが少ないので我々大家も相手から選ばれる立場です。

小さな街だけに業者さん・職人さん同士で噂が流れるのが早くて、

「あそこの大家さんから無茶苦茶値切り倒されたから次から受けたくない・・・(^_^;」

とか、

「ミスしたらずっと文句を言われて気分が悪い」

という声を職人さんから時々耳にするんですよね。

だから今回、目先のコストは少し上がるのだけれどもその代わりに「いい施主さんだ!」という評判を得られるわけですからぜんぜん損ではありません。

ちょっとしたミスだったら寛容に許してあげましょうね(^_^)

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!