お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!

===

おはようございます、ぺんたです。

所有物件中いちばん綺麗なマンションの管理会社さんから電話をいただきました。

「XXマンションの植栽が伸びて電線に触れそうです。剪定されたほうがいいと思うのですが・・・」

という注意喚起でした。

さっそく現場に行って確認したところ、ベランダ側の奥にあるカイズカイブキが伸びて今にも電線に触れそうになっていました。

カイズカイブキ

DSC_3599

管理会社さんからは剪定を勧められたのですが、

「この手の目隠しって入居者も望んでないと思うので、いっそのこと切り倒してしまいたいです!」

とお伝えしました。写真ではわかりにくいですが、大型のカイズカイブキが4本か5本と、その下に低い木が多数植えてあります。植栽コーナーの広さは約12×2メートルほど。

そう伝えると管理会社さんは面食らった様子でしたが、いちおう「剪定した場合」・「ぜんぶ伐採した場合」の見積を両方出してもらうことになりました。

===

いまリフォーム中の戸建はもともと植栽がボーボーに生えていました。

f9803912

この植栽の日陰になる和室は昼でも照明をつけないと薄暗い感じだったのが、木の伐採ですごく明るくなりました。
DSC_1715

3c47298e-s

だからこのマンションの1階入居者さんも、木を伐採したら部屋が明るくなって喜んでくれるだろう・・・と思ったのです。

===

後日見積が出てくると、

・枝落としした場合・・・14万円
・全部伐採した場合・・・17万円


と、大して金額的にかわりませんでした。

伐採しないと枝落としの金額が数年おきに何度も発生することを考えたら、やはり思い切って伐採してもらうことにしました。

管理会社さんから工事の告知文を投げ込んでもらって、伐採工事の実施。翌日現場を訪れると、綺麗さっぱり植栽がなくなっていました。


DSC_4034

あ~、やっぱりやってよかった!マンションが小綺麗になった気がします。

発注のときに、

「伐採後の切り株に、除草剤を注入しておいてもらって下さい」

とお願いしておきました。芽が出て再びボーボーになるのを予防するためです。

切り株を確認したらドリルで無数の穴が空いていました。
DSC_4035

伐採後しばらくしてから除草剤を注入するそうです。プロはこんなにたくさん注入するんだな・・・と勉強になりました(^_^;

伐採後のこのスペースはグランドカバーなり球根を植えてみようと思います!

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!