お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!

===

おはようございます、ぺんたです。

戸建ての外注した工事がほぼ終わりました。庭に砂利を敷いた工事のあとは駐車場の拡張工事でした。

地方のファミリー物件では戸当たり2台が当たり前で、広めの戸建てだと3台ないし4台分の駐車場があると格段に競争力があがります。

しかも縦列で2台分となると入れ替えの手間が発生するので敬遠されがちです。並列の2台にする必要があります。

この戸建てはもともと縦列で2台分で、しかも奥にカーポートがありました。
DSC_1671

屋根があるからいいように思いますが、昔セダンしかなかった時代にはよかったのですが、背の高いワンボックスやRV車はここには入れられないことからこれも敬遠されてしまいます。これは支柱の根本からカットしてぜんぶ撤去してもらいました。

車庫の横には謎の給湯器小屋w。どうして壁に付けなかったんでしょうか?
DSC_1673

給湯器小屋の玄関側には荒れた花壇がありました。
DSC_1667

小屋も花壇もはつって綺麗さっぱりなくしました。
DSC_4019

そこにコンクリートを流し込んで駐車場の面積を拡張しました。
DSC_4127

小屋や花壇があった反対側には側溝が口を開けていました。左に寄せて駐車するときにタイヤを落としてしまいそうで怖いです。
DSC_1672

画像ではわかりにくいですが擁壁際のほうが10センチぐらい下がっているので、この状態のままグレーチングをかぶせるわけにもいきません。

仕方ないのでいったん擁壁際のコンクリートをハツってもらって・・・
DSC_4020

駐車場の水準と同じ高さのコンクリートを打ちなおしてもらってからグレーチングをかぶせました。
DSC_4149

こうしておけば擁壁ギリギリまで駐車することが可能になります。
DSC_4212

残る問題は、駐車場入り口にある意味のない壁です。この奥に小さな階段と門扉とチャイムがあるのですが、いまどきこんなのは時代遅れです(-_-;)

DSC_3611

これもハツってもらって、平らにし・・・
DSC_4018

生コンを流し込んでスロープ状にしました。
DSC_4131

邪魔な壁がなくなって車が出入りできるようになりました。あとは小さなフェンスを取り付けたら完了です。
DSC_4147

けっこうたいへんな工事になってしまいましたが、横2台×縦2台の合計4台駐車できるスペースがなんとか確保できました。横幅5メートルちょっとですからまずまずのサイズです。
DSC_4152

地方の戸建てといえども駐車スペースが4台あるものはなかなかお目にかかれません。

ゆうべ旧知の仲間と飲んだのですが、地元の高級住宅地の話になり、

「駐車場が1台しかない物件は売れ残ってますよ。2台分あればすぐに売れるんですけどね・・・」

という話がありました。

地方のファミリー物件、なかでも戸建ては駐車場スペースが潤沢にあるかどうかがビジネスの分岐点になります。売買でも賃貸でもそれは共通しています。

「駐車場4台分」にお客さんが反応してくれるといいのですが。

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!