お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!

===

おはようございます、ぺんたです。

メインバンクの元担当さんから電話をいただいて1年半ぶりにお会いしました。

私が駆け出しのころにいくつか融資をしていただき、いまでも残高が一番多いところです。彼には本当にお世話になりました。

===

居酒屋でお酒が入ると昔話に花が咲きます。お互い立場は違いますが、ある意味戦友みたいなものです(^_^)

融資していただいた案件で、審査部から難癖をつけられたがこうやって突破したとか、彼の前に担当していた若い営業が2度転職し、いまは海外でタコ焼き屋の開業準備をしているとかw・・・興味深い話をたくさん聞くことが出来ました。

そのうち話題が先日ロストした大型物件の話になりました。

■関連記事 融資のスピード差で物件ロスト

事前に担当店の営業から話が入っていたようで、今回はそのフォローをするために電話を下さったみたいです。

「今回の件は本当に申し訳ありませんでした。審査部に持ち込んだときには優良物件だ!と事前審査OKだったそうなのですが、金額が大きいのにだんだんビビりだしたようでこんなことになってしまいました。支店長もハシゴを外されたと怒っているそうですよ」

というお話し・・・。

1ヶ月以上延々と審査して結果的に断られてしまったのは仕方ないにしても、理由はすべて最初から分かりきっていたことばかりでしたから、

「だったら最初に断ってくれよ・・・と正直思いました。こんなだったら次から持ち込むのは躊躇してしまいます💦」

と本音を言いました。

===

この銀行の審査部はいかに焦げ付きを出さないかが最重要課題なので、細かいことに難癖を付けて融資しないことが多いそうです。

「それじゃあ融資残高が伸びないので経営上困るでしょ!?金利を高くしてもいいから出してもらったほうが我々は助かるんですが・・・」

と聞くと、

「彼らは収益責任を負わないし、逸失利益は表に出てこないので残高が伸びなくても関係ないんです・・・(^_^;」

だそうです。金融業がお金を貸さないせいで経営が苦しくなり、その結果投資信託や保険を売ってるわけですから、私には笑えない状況に映ります。

そういえば別の銀行の担当さんも

「AI時代になって銀行マンがリストラされると言われていますが、審査部をAIに置き換えるだけで経営が改善されます(笑)」

なんて毒を吐いてたっけ・・・。現場の本音なんでしょうねw

===

「今回、仲介業者の社長が御行の前頭取に電話して後押ししようか?という話があったんです。高校の同級生で仲がよかったらしくて・・・。でも担当さんから止められたので丁重にお断りしたのですが、こんなことになるくらいだったら電話してもらっとけばよかったw」

と冗談めかして言ったところ真顔で、

「あ、それはやっておいたほうが良かったと思います。審査部は上からの圧力にはめっぽう弱いので・・・」

と言われました。
20170605182922

私は審査部のことをエリート中のエリートで、きちんとしたロジックをもって是々非々で判断する存在だと思っていましたが、普通のサラリーマンだったようです(^_^;


===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!