お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!

===

おはようございます、ぺんたです。

忘年会でお会いした方が新築にフレッツ光の全戸加入タイプを導入したとおっしゃっていたので興味を持っていたのですが、ひょんなことから私もNTTの営業さんとお会いすることになりました。

DSC_5158

フレッツ光というと入居者がご自分で契約して一戸単位で導入するものだという先入観があったのですが、我々大家向けの一括導入メニューも用意されていて、それがこの「全戸加入プラン」です。

最大の特徴は通信速度の速さです。1戸づつ光ファイバーを引き込むので帯域を独占でき、みんながYOUTUBEを見る時間帯でも速度の低下がありません。

一般的にインターネット無料サービスというとアパートに1本だけ光ファイバーを引き、そこからLANケーブルで全戸に分配します。(通信業界的にはシェア型と呼ぶそうです)

1本をみんなで分け合うので1戸当たりのスピードは相対的に低下します。私が採用している業者さんでは最大40戸ぐらいまで1本の光回線で対応するそうなので、全入居者が一斉に動画サービスを利用するとかなり速度が低下すると思われます。

ところがフレッツ光の「全戸加入タイプ」は光回線を各戸で独占できるので速度低下を心配する必要はありません。技術的には戸別で加入するフレッツ光・マンションタイプと全く同じサービスだそうなので、マンションタイプで利用できるオプションサービスも利用できます。

===

もうひとついいなと思ったのが、工事費の安さです。基本的に1戸あたり15,000円+消費税の定額制だそうです。

既存のインターネット無料サービスの会社さんだと工事費が非常に高額になるため、導入工事費を割賦払いにすることが多いと思うのですが、戸当たり15,000円だったら現金払いも出来ます。

もっとも建物の既存配管が利用できない場合には大家側が自腹で配管を準備する必要があるそうなので建物の構造によってケースバイケースですね・・・(^_^;

===

逆にあまりイケてないなと思った点もあります。

第一に入居者がご自身でNTTに電話をかけて利用申込みをしなければならない点です。入居者が面倒くさがって管理会社に丸投げする可能性もありますし、ちゃんと申込みをしてくれてもNTTがどれだけ迅速に対応するかは不明です。(この点は聞きそびれましたが、なにせ役所体質という印象が拭えません・・・(^_^; )

第二に一般家庭用のフレッツ光と同じなのですが、NTTとプロバイダーが別立てになっている点です。一般的なネット無料サービスの会社は回線代金とプロバイダー料金を一括して請求して来ますが、全戸加入プランの場合、大家にはNTTとプロバイダーから別々に請求書が届くことになります。

またIDとパスワードを発行するのもプロバイダーの役割ですが、入居者からの申込みに対してどこまで迅速に対応してくれるのか未知数です。家庭用の場合は申込みしてからID・パスワードを郵送してくるまで最低でも数日はかかります。

場合によっては入居申込みを頂くと同時にプロバイダーへの申込みをしておかないと入居してしばらくネットが使えない・・・ということにもなりかねません。一般のネット無料サービス会社の場合は即時発行なのでそんな心配は必要ないのですがね。

第三に、そのプロバイダーの選択肢が限られることです。
フレッツのプロバイダーは全社利用できるのですが、大家への一括請求に対応しているのはいまのところぷららとAsahiネットだけだそうです。

そして最大の難点は通信料金の相対的な高さです。シェア型のサービスは1本の回線を分け合って使うので戸当たりのランニングコストは1000円~1500円程度で済むことが多いのですが、NTTの場合はもっと高いようです。

まあ一般家庭用のマンションタイプだと5000円とかしますのでそれと比較するとずいぶん安いのですがね・・・。

===

もっと細かい話をお伺いしましたが、今回はこれぐらいにしておきます。

個人的には築浅ファミリータイプの物件で戸数の多いところだと導入しやすいかな?と思いました。

ファミリータイプの場合は家族が同時に複数台の機器を使うので回線への負荷が重く、シェア型のサービスだとスピードへの不満からクレームになる可能性もあるからです。

またNTTさんの価格テーブルを拝見したところ、最低6戸から導入できるようですが、戸数の多いほうがより単価を下げていただけるようなので戸数の多い物件に適しているのかな・・と思いました。

いまアパート向けのインターネット無料サービスは入居付けの大きな差別化要因になっていますが、導入する大家さんが増えるに従ってどんどん陳腐化していくと予想しています。

どこのアパートにも無料サービスが導入されているとなった場合、次の差別化ポイントは通信品質に移るだろうことは間違いありません。その点フレッツ光は申し分ありません。

そうなる前にどこか一棟だけ導入して、他の大家さんよりも先に運用ノウハウを身につけておこうと思います。

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!