お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!

===

おはようございます、ぺんたです。

ある仲介業者さんに行って雑談したときのことです。繁忙期にさしかかりお部屋のリフォームや修繕が多い・・・という話題になったとき、

「いやぁ、職人さんが足りなくて困っているんですよ💦」

と仰っていました。こういう現象はここの地域だけでしょうか?

8209680c8a066e3876c4cfea277c8b95

仲介業者さん曰く、

「取引のある職人さんに小修繕をお願いしても忙しいからなかなか引き受けてくれないんです💦」

とぼやいておられました。

「やりたくないものだから伸ばし伸ばしになってそのうち忘れちゃうことがよくあったり、見積りだけを依頼したのに勝手に施工までしちゃうようなことまであるんですよ・・・」

ということでした。

「ある業者さんは職人さんを3人ほど直接雇用していますよ。御社もそうされてはいかがですか?」

と提案させてもらいました。

===

一般論ですが、デフレ期には経営者が弱気になってやたらと人件費をカットしたがるんですよね。企業の現場では人員カットの目標が課されたり、人員補充すべきところを派遣社員や外部へのアウトソーシングで済ませようとしたり・・・。

ところが好況期になるとそういった(便利な)派遣社員やアウトソース先が単価の安い仕事を忌避するようになるのでなかなか仕事の現場がうまくまわらなくなります。

そういう見方をベースにすると、この仲介業者さんはデフレ期に強い経営手法を取っておられるのかもしれません。

ただ職人さんを直接雇用するのがいまはプラスに作用していても将来のことはわかりませんので、どちらの道を選ぶにしてもプラスに作用する時期、マイナスに作用する時期というのはあるでしょうから一概には良否の判断は下せません。

「職人さんが小修繕をすぐやってくれるぐらい、料金を引き上げてあげればいいんですよ」

とも言いましたが、

「う~ん、値上げしたらこんどは大家さんからケチがついて払ってくれなくなっちゃいます」

と店長は浮かない様子。

(そんな大家には『じゃあご自分で手配してくださいね』と突き放せばいいのにな・・・(^_^;)

と思ったのですが口には出しませんでした。

私が職人さん不足に直面した場合は、

「うちの物件だけは値上げしてもいいから優先的にやってください」

って言うんだけどな・・・(^_^)

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!