お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第28話で利回り57%の軽鉄アパートを再生した話を公開しています。よかったらそちらも読んでみて下さい!

◎利回り57%軽量鉄骨アパートの購入と駐車場開発、満室までの過程

===

おはようございます、ぺんたです。

東京のお部屋探しから戻るとバッファローさんからDMが届いていました。非常に興味深い内容でしたので今日はそのネタをご紹介します。

バッファローさんはもともとパソコン周辺機器のメーカーさんですが、子会社さんでアパート向けのインターネット無料サービスもやっておられます。共用部に無線アンテナを設置することで宅内工事が不要・・・というサービスが主力商品です。(詳細は過去記事をご参照ください)

◎関連記事 バッファローWi-Fiの感想

共用部に無線アンテナを設置するということは宅内にケーブルを通す工事をする必要がない=工事費が安い・・・という利点があるのですが、その反面建物の構造がRCや重量鉄骨だと電波が室内に届かずクレームになってしまうというリスクもあります。

過去にはそのようなクレームが非常に多かったという話を耳にしますので、彼らにとっては宅内にケーブルを通すサービスを持つことが悲願だったのかもしれません。とはいえ、ほかの業者さんのようにLANケーブルや光ファイバーを引き込んでいたのでは自社の独自性が薄れてしまいます。

そこで着目したのはなんとテレビのアンテナ線だったようです!
DSC_0063

DSC_0062

これは面白い!!思ってもみませんでしたがどこのお部屋にもテレビのアンテナ線は通っていますから、アンテナ線を利用すれば宅内配線はしなくてもインターネットが引けることになります。久しぶりに興奮しました(笑)

===

宅内にインターネット向けの通信ケーブルを引っ張り込むやり方としてはいくつかありますが、もっとも多いのはオフィスなんかでよく見るLANケーブル(ネットワークケーブル)です。私がよくお願いしているイーブロードさんはこの方式です。
41s50kp77iL._SL1000_

あとはNTTさんが最近チカラを入れているフレッツ光の全戸タイプがあります。すべてのお部屋に光ファイバーを引き込んでしまうという豪華な方式です。大規模なファミリー物件だとこちらがよさそうだと思っています。
Fiber-optic-900-microns-image

これら2つとも共通した難点は、お部屋には新たにケーブルを引き込まなくてはならない点です。

アパートの構造にもよりますがエアコン穴から引き込めたらラッキーな方で、けっこうな確率で壁やドア枠をぶち抜いて、そこからモールで這わせていく形になります・・・(^^;) 工事を実際にやる職人さんはけっこうたいへんだと思います。

ところがこのサービスは既設のアンテナ線を利用しますので、壁についているアンテナ端子に機器を接続するだけで済んでしまいます。チラシに載っていた配線イメージはこんな↓↓感じでした。
DSC_0064

黒い箱にアンテナケーブルが入って、そこからLANケーブルが吐き出されて無線ルーターに入っていますね(^^)

この方式はおそらくケーブルテレビの技術を応用していると思います。ケーブルテレビ会社さんがインターネットサービスをやっておられますよね!?技術的にはあれと同じ方式です。

ケーブルテレビインターネットは何万世帯がつながっているため夜間などには速度が低下しがちですが、こちらのサービスは数十戸しかつながっていないのでおそらく十分な速度が期待できるのではないでしょうか!?

DSCPDC_0002_BURST20190221151040306

チラシには理論値ながら1Gbpsの文字が躍っていました。

DSC_0089

まさか全部屋で1Gbpsが出るわけはありませんが、実用的な速度は出ると思います。

私にわからないのはアンテナ線にインターネット信号を乗せて取り出す機器の値段です。ケーブルテレビがけっこう普及しているのでそれなりに安い価格にはなっているとは思いますが見積を取ったわけではないので、推測だけで「安い」とは言い切れません。

こういうとき私は喜んでモルモットになるのですが(笑)、ちょうどいい物件がありませんのでどなたか導入していただいて、使用感を教えてくださいませんか??www


===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!




同軸ケーブルでインターネット
理論値1G
光→同軸→ネットワーク
ケーブルテレビインターネットの応用
機器が高いのでは?