お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第29話で隣家とのトラブルを公開しています。よかったらそちらも読んでみて下さい!

◎リンク 工事のあいさつに行くと「流産したらどうすんの!」と怒りだした隣人とその後の顛末

===

おはようございます、ぺんたです。

融資を相談している金融機関からのリクエストで、決算書の「勘定科目残高一覧」を提出することになりました。

自宅にいる家内からPDFデータを送ってもらい、パラパラと眺めていました。するとうちの会社が所有している土地の一覧がありました。そこには土地面積と購入価格が列記してあります。

DSC_0166

(そういえば以前、『いま俺ってどれぐらいの広さの土地を持ってるんだっけ!?』と思ったことがあったな~)

と思って土地の面積をすべて足し込んでみました。すると、現在所有している物件の土地面積合計が13561.73平米(約4,100坪)でした。

不動産事業を本格的に展開し始めて5年。ここの街に参入して4年ですから悪くはありません。もっとも、こちらの地価なんてゴミみたいなものですから全部合わせてもたいした資産価値はありません・・・(..;) 

これが東京や博多市内の土地であればいまごろこういうクルマ↓↓に乗っていたかもしれません(笑)

70095720843019010900300

いま約140戸規模で4100坪ですから戸あたり約30坪となります。クルマ社会に適応するために、駐車場の装備率に徹底してこだわってきましたからその結果なんでしょうね。

===

ちなみにいま買おうとしている3つの物件は融資付けに苦戦していて買えるかどうかわかりませんが、やはりどれも広い土地面積です。なかでも2,800坪近くあるお化け物件が混じっていますから、3物件の合計は10792.43平米(3,268坪)あります。

もしぜんぶ買えたら、既存物件と合わせて24,354.16平米(7,376坪)になります。ここまで来てようやく東京ドームの敷地面積の半分になります。
(※東京ドームの敷地面積は46,755平米(14,160坪)です)

20507141988_01_l

5年前にこの事業を本格的に始めたころには思いもよらない成果で、「思えば遠くへ来たもんだ・・・」と思います。

息子たちが継承したがらなければ私一代の事業になってしまいますが、その時にはすべて売り切ってクローズしようと思います。RCや重量鉄骨の物件はそのまま売却、軽量鉄骨や木造の物件は取り壊して戸建て用地として売却しようと思います。

まあ80歳ぐらいまでは現役で頑張るつもりですので、それまでは修行僧のように仕事を楽しみながら事業を展開していきます(^_^)/~

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!