お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


===

おはようございます、ぺんたです。

先日決済した大型物件ですが、売主さんと合意に至ってから決済までの間に1年半を要しました。そんなに時間がかかったのは先方都合なのですが、その間私は一番手のポジションを他人からひっくり返されないよう、

「売買予約の仮登記」

というのを実行しました。なんと物件の登記簿に私が一番手であることを書き込んでしまうという荒技です。

これをやるとかなり強力な権利を手にすることが出来るので、他の人に番手をひっくり返される恐れがほぼなくなります。

足の長い物件に取り組む際にはぜひ活用して欲しい手法です。

詳しくは健美家さんのコラム記事↓↓を読んでみてください。こんな方法があったのかとビックリされると思います。

◎リンク 健美家コラムの記事へ

===

この手法、いつどこで知ったのかさっぱり思い出せません(..;) なにせ1年半前のことですもんね(^^ )

たぶん先輩大家さんの記事や不動産本がネタ元だと思うのですが、あたらしもの好きの私が飛びついたんでしょう。どなたかわかりませんが、ネタ元の方には感謝・感謝です!

今回のことで味をしめたので、別件でも応用しようとしています。

先日決済した物件とは別の大型物件を仕込んでいるのですが、価格交渉の過程でいまひとつお得感が薄かったんですよね・・・。

そこで同じ方が所有されている戸建て物件をオマケに付けて欲しい・・・とお願いしたところ、

「いますぐには売れないが、2023年9月頃であれば売ってもいい」

という内諾をいただきました。

いまから4年半後という足の長い話ですが割安感もあるので、大型物件とは切り離して「売買予約の仮登記」を実行しようと思います。

そうしておけば他の方からちょっかいをかけられず、確実にゲット出来ますからね(^_-)-☆

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!