お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第33話で高額な修繕費がかかるとされた物件を安価に修繕したエピソードを公開しています。良かったら読んでみて下さい!

◎リンク 見積もり1,000万の修繕費がたったの22万で済んだ話-業者の見積もりをちゃんと検証しよう!-

===

おはようございます、ぺんたです。

アパートへの長い進入路が竹林に面しているところがあります。その竹林はよそのオーナーさんの持ち物なので竹を伐採するわけにもいかず、夏を前にしたこの時期は枯れた竹の葉が進入路に降り注ぎます。
DSC_0671

DSC_0672

ここはある入居者のおじさんが「健康維持のため」と言って自主的に掃除をしてくれていたのですが、おじさんの退去に伴い大家側で清掃しないといけない羽目になっていました。

100mにもなる長い進入路をおじさんは竹ぼうき1本でマメに清掃してくれていたのですが、私はそんなに頻繁に清掃できないためエンジンブロワーを導入することにしました。マキタのEUB4250といって、音の静かな4ストロークガソリンエンジンで落ち葉の吹き飛ばしと吸い込みの両方に対応している機種です。

(写真は↓吸い込みモードです)
DSC_0670

画像ではコンパクトに見えますが、吸い込み口がだいたい1.2メートルぐらいありますからけっこう巨大です(^0^;)

右手に見える白いバック部分(吸い取った落ち葉を集塵します)をひもで右肩から吊り下げ、左手一本でエンジンブロワーを持つカタチになります。これが実につらい💦

エンジンブロワーの重さが5キロぐらいあるうえ、回転体を内蔵する機械にはコリオリの力と言うんでしょうか、エンジンが常に暴れようとする力が働くので、利き手でない左手ではコントロールできないと悟り、このモードでの使用は早々に諦めました(^0^;)

次に落ち葉を吹き飛ばすモードを試しました。

DSC_0673

DSCPDC_0000_BURST20190511124252379

こちらのモードでは右手でエンジンを吊るカタチになるので前よりはまだマシです。

エンジンをそれなりにふかしてやると面白いように落ち葉が一定方向に吹き飛んで行くのでこちらのモードのほうが実用的ですね(^^ )

右手の筋力が保つ間は頑張りますが、5キロの重量物をコリオリの力に逆らって保持するのは思ったよりもしんどいので、疲れたらときどき台車に載せるなどして頑張っておりました。

DSC_0674

作業は順調に進み、全体の3分の2ほど終わった時点でアパートからある入居者が出て来ました。

その方は近寄ってくるなり、

「うるせえんだよ💢 竹ぼうきでやれや!💢」

と怒鳴ってきびすを返しました😂
駐車場に車がほとんどない時間帯を狙って作業したのですが、クレームが付くとそれ以上作業は出来ません・・・(..;) エンジンブロワーを断念して竹ぼうきに切り替えました。

う~ん。悪いことをしているわけではないので我慢してくれたら良いのですが、静寂を破られたのが腹に据えかねたのでしょう・・・。次回からやり方を工夫しないといけないですね。

===

エンジンブロワー自体は、吹き飛ばしモードで使う分には申し分ない性能でした。楽天経由で約4万5千円。

使う時には短時間で済ませましょうね・・・(..;)

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!