お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第33話で高額な修繕費がかかるとされた物件を安価に修繕したエピソードを公開しています。良かったら読んでみて下さい!

◎リンク 見積もり1,000万の修繕費がたったの22万で済んだ話-業者の見積もりをちゃんと検証しよう!-

===

おはようございます、ぺんたです。

昨日は東北と広島からお客様が来られたので私の物件をご案内させていただきました。時間の制約があったので所有物件の半分くらいしかご案内できなかったのが心残りです(..;)

Tohoku_x

fIhvK8BVpHwQSd91558028996_1558029013

いちおう私の物件をご案内するというカタチではありましたが、現場や車中での会話で多くを学ばせていただきました。たいへん勉強になりました<(_ _)>

最も印象的だったのは、ある大家さんの

「『指値』は甘い!売主が持て余している物件を『貰ってあげる』というアプローチだ!」

という言葉でした。自分の中で全く思いがけないアプローチだったので目からうろこでした。

===

どういうことかというと、高額な固定資産税や維持費に苦心している物件がなかなか売れずに困っているとき、タダまたはタダ同然の価格でその物件を引き受けてあげれば人助けにもなる・・・という視点です。

一見無謀にも聞こえるのですが(笑)、心当たりがいくつもあります。

例えば、先日記事にした廃病院です。
6a081f3a

自社ビル&自宅にしようと思って検討した物件ですが、梁に致命的なクラックがあり購入を断念しました。

現状の価格でもかなり安いのですが大きな瑕疵があるのでなかなか売れません。しかも固定資産税が年間150万もかかるので売主さんの大きな負担になっています。

私の理解が間違っていなければ、こういう物件に、

「売主さんの大きな負担を肩代わりしてあげますよ(^^ )」

というアプローチをして、かなりの安値で(場合によってはタダで)譲ってもらうことなんだと思うんです。

そうすれば年間の高額な維持費に加え取り壊し費用を縮減できるというメリットを売主は手にでき、私は相当な安値で物件を手に入れることができます。ウィンウィンです(^_-)-☆

そういえば何年か前、私の地元で築古のビルをタダで譲りたい・・・という話がありました。思えば同じ構図です。売主の狙いはそういうことだったのか!と気づくことが出来ました。

===

同じようなことは戸建ての世界ではより鮮明になっています。私がお世話になっている別の先輩大家さんは、田舎のある戸建てを持参金付きで引き取りました。そうなるともはや「購入」ではありません(笑)

持て余している戸建てを引き継いでくれるならばお金を差し上げる・・・と言われ、実際にその先輩大家さんはお金を受け取ったそうですから、跡継ぎになってあげるのと同じようなものですね(^^ )


人口減のなかで不動産が有り余っている時代です。戸建てに限らずアパートやマンションでも「買う」のではなく「貰ってあげる」視点も、場合によっては有効だ・・・ということに気づかされた1日でした。

いやはや・・・世の中には猛烈にすごい方がいらっしゃいます(^0^;) 私もまだまだ精進しなければ・・・(..;)

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!