お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第37話で、大型物件購入の際にやった工夫についてまとめています。よかったら読んでみてください。

◎工夫を重ねて大型物件2棟目ゲット!私が実践した5つの工夫(^^ )

===

おはようございます、ぺんたです。

決算で思ったよりも利益が出そうなので、先延ばしにしていた工事を期内に済ませてしまおうとあれこれやっています。

そのうちの一つが廃屋の解体です。あるアパートは広大な敷地の中にこういう廃屋が建っていて、いつか取り壊そう・・・と思っておりました。
P1070255

写真を見るとまだ何かに使えるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、床がすでに抜け落ちていますし木立に囲まれており湿気もものすごいので全く使えません。

不動産業者の社長にお願いして解体業者の見積もりを手配してもらうことになりました。うまく値段が折り合えば9月末までに更地にしてしまおうと思います。

===

この建物。私がアパートを購入するとき未登記だったので解体渡しを要望したのですがその資金が都合できないということでしたのでやむなく登記してもらい引き継ぎました。

もちろんその分はアパート本体からお値引きしてもらいましたよ。

アパートの敷地内にこんな別棟がなんであるんだろう??と思っていたのですが、購入後に古い入居者と話していたら背景をすべてご存じでした。

「あの小屋はね、前の大家さんが「ある宗教」の熱心な信者だったからあそこに近所の信者さんを集めて、全員が大声でお祈りをしてたんですよ💦」

あ~、なるほど。前の大家さんは地区のまとめ役だったのでしょうね。

「何十人も集まって早朝から大声で唱和するからアパートの入居者が気味悪がってどんどん退去していっちゃって、それでアパートがガラガラになったんですよ💦」

そうだったんだ!実はわたし、それがどれだけ迫力があるか知っています。

===

中学の時から私は妙に新興宗教に勧誘されやすく、高校のとき仲の良かった友達がそこの信者だったので、

「とにかく一度うちの支部に来てくれ!」

と誘われてノコノコと出かけて行ったんです。見も聞きもしないで断るのは失礼だと思ったからです。

すると広めの会館のようなところでやはり何十人の信者さんが一斉に『XXXXXX』と唱えはじめました。皆さん腹から声を出されているのでものすごい大音量に圧倒されっぱなしです。

それが1時間ぐらい続いたでしょうか?私も一種の陶酔感を感じてしまいましたが、その後の勧誘をきっちり断って帰宅しました。(私は確信的な無宗教者ですから)

「お前が入信したら軽く支部長になれるから入ってみないか?」

と、まるで企業のヘッドハンターみたいな口説かれ方をしましたが(笑)

「お前の信仰もきちんと尊重するから、そのかわりに俺の無宗教という信条も理解してくれ」

と応酬しました。私は高校の頃から我が強かったんです💦



しかし改めて思うのですが、その時の大音量がうちのアパートで聞こえたら・・・と思うと、一般の人はきっとドン引きするだろうなと容易に想像できます。内容はともかく、音量がすごいので夜勤の方や遅番シフトの方などは眠れなかったでしょうね(^^ゞ

「聖なるものへの畏敬」と「アパートの現実」がぶつかり合った場所だったんですよ、ここは・・。

こういうのはあまりないケースではないでしょうか?この建物ももっと山奥に作るとか、防音仕様にしておくとかしておけばよかったのにな~(^^ゞ


ちなみに高校時代に私を勧誘した彼は今月末にわざわざこちらまで会いに来てくれるそうです。久しぶりに元気な顔が見れると今から楽しみにしています(^_^)

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!