お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第38話で、これから大家業に参入しようとしているサラリーマンの方へアドバイスを書いています。よかったら読んでみてください。

◎サラリーマンから不動産投資家へスライドするには? 注意点とアドバイス

===

おはようございます、ぺんたです。

ブログのコメント欄から一風変わったリクエストをいただきました。

「ぺんたさんにお願いがあります。リフォーム作業のけがについて取り上げてほしいです。 」

という書き出しで、草刈り作業中の事故があったことを教えてくれていました。

「DIYリフォーマーがたくさん出てきましたがあぶなっかしい方が多くて ブログを見ただけで丸鋸やインパクトを購入しています 。ぺんたさんのブログは新しい投資家の方が見てますので是非電動工具の危険性について取り上げてください。」

と結んでありました。

P8220010

このコメントで具体例として挙げられていたのは北秋田市での草刈り事故の件です。地元新聞からこの事故を報じる一文を引用します。

引用ここから===

草刈り機で作業中、42歳男性が死亡 北秋田市李岱
秋田魁新報電子版より2019年7月21日 掲載

 20日午前11時20分ごろ、北秋田市李岱字屋布向の農道脇の草地で、草刈り機を使って作業をしていた同市羽根山字屋布岱の農業男性(42)が胸から血を流して倒れているのを一緒に作業していた男性が見つけ、119番した。男性は市内の病院に搬送されたが、約1時間45分後に死亡が確認された。死因は出血性ショックとみられる。
 北秋田署によると、男性は地区住民ら約20人と同日午前8時ごろから、農道ののり面などの草を刈っていた。近くにいた仲間が「痛い」という声を聞いて振り返ったところ、男性が左胸を手で押さえていたという。近くにはエンジンがかかったままの草刈り機があった。

ここまで===


怖いですね・・・(-_-;)

草刈り機で一般的な回転刃の先には下の写真のようなチップが焼き付けてあってここで草を切るのですが、このチップがよく取れるんです。

友人のさらに知人が、このチップの直撃を受けて手の動脈を切ったことがあると言っていましたので、北秋田の事故もそのような原因だったのかもしれませんね。
71R9yTJe81L._SL1500_

草刈り機に限らず、電動工具は使い方を誤ったり安全配慮を怠ったりするとすべて凶器になり得ます。なので初心者の方は特に注意をしてくださいね!

かくいう私も一度だけ危ない目にあったことがあります。草刈り作業中に刈り刃がぶれて異常振動を起こし始めたので即座にエンジンを停止したことがあります。

私の友人もインパクトでビスを打っている時に誤って、ビスが目に刺さったそうです。

DIYはコストダウンに非常に有効なのですが、事故を起こしては何のためにやっているのかわかりません。いちおう、私が注意していることを以下に列記しますね。

①取扱説明書をちゃんと読む

中高年になると読まない方が多いと思いますが、回転刃ものの工具ほどちゃんと読んでおいたほうが安全に使えることは言うまでもありません。

②メガネや保護グラスをかける

私はメガネをかけているので飛散物から一応目が守られているカタチになっていますが、メガネをしていない方は保護グラスを着用したほうが良いと思います。視力を失うことが一番つらいと思いますので・・・。

③手袋の着用

カッターなどで手先を切ってしまう事故のほとんどは手袋で防げます。

④刃の進行方向に体を置かない

これ見過ごされがちですが、案外守っていない方が多いと思います。電動ノコギリなどの進行方向に左手を置いていたら、電動ノコが走ってしまった時にざっくり切ってしまいます。たしか読者の方で、「電ノコを自分の身体に向けて使っていたら太ももの動脈を切った知り合いがいる」とおっしゃっていました。刃は自分の身体から離れる方向に使うというのがめっちゃ大事です!

⑤異常を感じたらやめる

回転ものの工具は異常が発生したら振動することが多いので、その時点で作業を中止すれば大事に至らないことが多いです。私もそれを体験しました・・・。

以上の5点に注意することで、私はいままで一度も大きな怪我をしたことがありません。

幸せになるためのDIYですから、くれぐれも安全に注意して楽しくやりましょうね!(^_^)


===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!