お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第38話で、これから大家業に参入しようとしているサラリーマンの方へアドバイスを書いています。よかったら読んでみてください。

◎サラリーマンから不動産投資家へスライドするには? 注意点とアドバイス

===

おはようございます、ぺんたです。

土日を使って遠方の気になる物件を下見して参りました。長距離ドライブは久しぶりでワクワクします(^_^)

休憩も取らずに走ったら約3時間半で到着しました。こちらに来たらまずはうどんを食べないと始まりませんw
DSC_1275

有名店のぶっかけ天をいただきました。

さすが有名店。お昼過ぎに到着したら長蛇の列だったので30分ほど並んで待ちました。いやもう暑いのなんの・・・(..;)
line_1564800826490

次に来たときは製麺所系に行ってみたいと思います。うどんは3食でもいいぐらい大好きです(^_^)

===

満腹になったあとはこの街をうろうろしてみました。私は知らない街に行ったときはだいたい3カ所を確認するようにしています。

①ターミナル駅付近

JR駅が栄えている場合は百貨店やオフィスビルが集積しています。オフィスがたくさんあるエリアと、道路一本隔てただけで住居ゾーンに変わる場合があるので見ていて面白いです(^_^)

②市役所と繁華街

市役所近辺と繁華街(飲み屋街)はほとんどの街で隣接しているのでわかりやすいです。これらは早くから栄えているので建て込んでいて、建物がボロい割には値段が高いので多くの街で賃貸経営が難しい場所になっています。

③郊外のロードサイド

②が古くなって魅力が薄れてきたら市街地は郊外に延びて行きます。郊外型のショッピングモールや国道沿いのロードサイド店舗の場所を押さえておきます。

この3カ所を確認したあとに意中の物件に移動しました。繁華街から車で30分ほどの郊外にあるRC物件です。仲介業者さんは立ち会いしないのでセルフ内見です。

DSC_1339

ちゃんと清掃されているので好感が持てました。

DSC_1355

室内はどこにでもあるような標準的なマンション。現状のお部屋で差別化はまったくできていませんが少なくとも大規模な手直しは必要ありませんでした。

それなりの品位を保った物件がガラガラになっているわけですから、物件の商品力というよりは「販売チャネル」、すなわち管理会社や仲介業者の選定ミスじゃないかと思いました。最近管理会社が変わったと聞いていますので、そういうことなのでしょう。

このあと近くの競合物件を見て回りましたが、だいたいどこも満室でした。賃貸需要は薄いエリアですが、商品に特徴を持たせて販売チャネルを整備すればなんとかなるかもしれません。

どうやって料理しようかと考えるとワクワクします(^_^)

一泊して帰路につきましたが、途中で高速を降り尾道ラーメンを食しました。こちらも行列でした。
DSC_1461

炭水化物を控えたいのですが、出張に来たら話は別ですよね(笑)

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!