お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第41話で地方不動産投資の着眼点を具体的に書いています。良かったら読んでみてください(^^ )

◎地方不動産投資のキモとやってはいけない投資法

===

おはようございます、ぺんたです。

8月末にDX大家の会でセミナーをさせていただいたときのこと・・・。

前日入りしてDX@母ちゃんと雑談して和んでいたとき、ある売却案件が何度も延期になり苦慮している・・・というお話を伺いました。

私もそのときある物件を売りに出していたのですが、まさか自分も同じような目に遭うとは思ってもいませんでした💦

===

うちの法人は9月末決算です。

3月と6月に大型物件を購入したので手元資金を充実させておきたかったのと、決算までに売却益を計上してピカピカの決算書を作っておこうと思ったんです。

ダウンロード
(ピカピカの便器が盗難に遭いましたね💦)

そこで、いまの金融情勢でも容易に融資が付くだろう所有物件を売りに出しました。7月のことです。かなり割安で買えた物件ですので、想定通りの価格で売れたらそこそこの売却益を手にすることができる物件です。

うちの法人は所有物件数こそ順調に伸びているものの、財務内容はまだまだです。

健美家コラムニストの赤井さんや、関西のゴンさんは所有物件の入れ替えを通じて財務内容を物凄くいい状態に持って行っておられるので、ボチボチ私もそうした「質」を高める努力を始めなきゃいけないな・・・と思っていたのも売却の動機になりました。

売却活動がスタートしてほどなく、買い付けが入りました。指値も入りましたが想定の範囲内。

数週間後に融資の仮審査がOKになったという連絡を受けたので売買契約を締結しました。融資特約付きではありますが、お盆明けに決済する予定でした。

ところがお盆前になって状況が変わりました。

最初の異変は「確認済証がないと融資の稟議が通らない」というものでしたが、それからも次々に先方の銀行から難題を突き付けられて、都合3回の決済日延長をしました。

最後の難題は

「売り主がこんなに安く買っている物件を、こんな値段で買うのはいかがなものか?」

というもので、そんなことを言われても私にはどうしようもありません💦私からするとうちの仕入れにまで口を出さんといて~や!と言いたいところです(笑)

その後銀行側の意向で不動産鑑定を入れたそうですが、私の購入価格に近い鑑定を出してきて融資NGとなってしまいました。

(そんな値段で満室のRC物件が買えるわけないやん!?💢)

と怒りを覚えるものの、こちらは口出しできません。けっきょく延期を重ねて9月末になった決済は中止となり、決算書をピカピカにするという野望も潰えました😢

まあ仕方ありませんね・・・(..;) くよくよするよりもリカバリーを図ったほうが得策ですので、別の買主を見つける活動をすぐに行って、いまお一人購入意向の方が見つかったところです。

次からは売買契約を結ぶ際は融資証明の提示を求めようかなと思っています。こういうのも含めて経験ですね~(^^ )

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!