お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第43話で値付け前の物件を狙っている話を書きました。良かったら読んでみてください!

◎第43回 最近見た2つの物件。価格査定前の物件を狙っています!

===

こんにちは、ぺんたです。

台風が関東圏に近づいています。いつもと投稿パターンは異なりますが、注意喚起のために本日2度目の投稿です。

接近中の台風19号は非常に強い勢力を維持したまま関東圏に上陸しそうです。現在の予報では神奈川県あたりに上陸する予報になっています。
large

この台風について元内閣官房参与の藤井聰さんがラジオ番組で東京湾の高潮を警告されていました。(土木の専門家です)

藤井さん曰く、

「10月13日午前4時ごろ、東京湾が大潮(最も潮位が高い時期のことです)の時刻にあたり、台風がその時間帯に台風が上陸すれば高潮の被害が出る可能性がある」

という大意のことをおっしゃっていました。現在の予報では同日午前3時に北関東あたりにいるそうですから、非常に近い状況が生まれるわけです。

気象庁のHPを調べてみたところ、13日午前4時29分が満潮時刻になっていました。
(注:10月12日午後4時にも満潮になるので同じような状況です)

台風の目が神奈川県にある場合、その東側の東京湾には猛烈な南風が吹き込みます。大潮の満潮と併せて、南風の吹き寄せにより海水が防波堤を乗り越えて高潮被害が湾岸部に出る可能性があります。

そう思って更に調べたところ、国土交通省港湾局の資料がみつかりました。東京湾に大型台風が来たときの高潮被害についてのレポートです。

◎リンク 東京湾の大規模高潮浸水想定の概要

高潮が越堤するメカニズムはこんな↓感じです。
Opera スナップショット_2019-10-11_105531_www.mlit.go.jp

940ミリHP級の台風が来て、水門などが正常に動作した場合はこれぐらいの被害↓。船橋市や千葉市、川崎市の沿岸部にブルーの浸水箇所が見られます。
Opera スナップショット_2019-10-11_105650_www.mlit.go.jp

まあ台風というものは進路が変わりますし、速度もどんどん速くなるので大潮のタイミングははずれる可能性はおおいにありますが、我々南国の人間は過去にさんざん痛い目にあっていますので、東京湾に近いエリアの方はくれぐれも備えを万全にされたほうが無難だと思います。

ちょっとおっかない話で済みません💦

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!