お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


健美家コラム第43話で値付け前の物件を狙っている話を書きました。良かったら読んでみてください!

◎第43回 最近見た2つの物件。価格査定前の物件を狙っています!

===

おはようございます、ぺんたです。

先日は地元の銀行協会に行ってきました。
銀行協会

いま新規で購入する物件に取り組んでいるのですが、遠方の銀行から既に融資OKの内諾をいただいております。もっとも仮審査がOKになった段階で、これから本審査に入るところです。

融資年数が想定よりも短くなってしまったので、売主様には申し訳ないのですが大きめの指値をいれさせていただいております。その判断待ちのフェーズです。

他に買い手は誰もいないと確認済みなのでゆっくり判断してもらっても構いませんw

指値が通ることを前提に、本審査のための必要書類を予め取得しておくように・・・との指示が銀行からありました。そのうちのひとつが今日のトピック:「不渡り情報」でした。

===

ちょっとややこしい話なのですが背景をご説明すると、

・今回融資していただく法人は山口県が本社の第二法人

・銀行は遠方の地方銀行さんで山口県に支店はナシ

・遠方に第二法人の支店をつくるつもりでいたのですが、それは必要ない・・・と免除され、かわりに「不渡り情報」の書類を取ってくるよう指示された

ということになります。(なんのこっちゃ??)と思って担当さんに質問したところ、

「当行の支店がもし山口県にあったらその支店に依頼して『不渡り情報』を取得してもらうよう手配するので、普通はお客様に行っていただくことはありません」

「『不渡り情報』とは、御社が既存の取引銀行に対して手形の不渡りを出しているかどうか、返済が滞っていないかどうかを確認するための書類です」

ということでした。要するにうちの第二法人が融資していい相手かどうかをこの書類で判断するのだけど、銀行の支店がないからかわりに取ってきて・・・ということでした。

===

銀行協会は上の画像の通りすごく立派な建物です。

エントランス部分に「ご用の方は2階へどうぞ」という案内があったので2階へ行くと「事務室」と表示された広めのお部屋があり、おじいちゃん2人がずっと雑談していて私に気づきません(..;)

あれ?ここじゃないのかなと思って他の部屋を覗いたのですが、他は4畳半ほどの個室ばかりで全部カラです。

仕方ないので「事務室」に戻り、

「すいません!『不渡り情報』の開示をお願いしたいのですがこちらで良かったですか?」

と声をかけるとおじいちゃん2人はギョッとした様子。
dc10820cc34cb55bd5537611aacd322e

銀行から指示された書式を予め記入して持参していたのでそれを年下のほうのおじいちゃんに手渡すと怪訝な顔をしていました(笑)
不渡り

この申請書は上の三分の二が申請書で、残る三分の一が結果を記入する証明書欄になっています。

年長のおじいちゃんがロッカーからマニュアルを取り出している間に応接に通され、30分ほど待機しました。

(まだ時間がかかるのかよ・・・)

と思いはじめたころ年長のほうが応接にやって来て、捺印した証明書を手渡してくれました。

「御社の不渡り情報はございませんでしたので、その旨を記載しています」

とうやうやしく手渡してくれました。そりゃそうです。ちゃんと返済しているもん!

銀行関係者以外の来訪者が珍しいのか、

「この書式はどちらで入手されましたか??」

と不思議そうに質問されたので、

「え?こちらの協会さんのHPからダウンロードしましたよ(^^ )」

と申しあげると、

「え・・・(..;)」

(知らんかったんかい!w)


今回の様子から、銀行協会というのは加盟している銀行で定年を迎えたおじいちゃんが天下りする場所なんだなとわかりました。天国ですね。

それと、(銀行協会ってなんのためにあるんだろう?)と以前から思っていましたが、加盟行間で信用情報を流通させるための機能をになっていることが今回初めてわかりました(^^ )

おじいちゃんたち、ゴルフの話ばかりせず、来訪者にもっと注意を払ったほうがいいですよ~(笑)

===
お布施だと思って押して下さい(笑)
↓↓↓↓↓


大家ぺんたの健美家コラムはこちらから!!